セレモニーホール

昨今の葬儀会場施設って、すごいんですね。

というのも、夫のおばさんが亡くなって、入院先の病院から直行で岡崎の
〇〇セレモニーホールに御遺体を移したので、昨夜は夫と私とで泊りました。

控室にいるわけだけど、ちゃんと泊る人ように、寝室があり
ベッドが2つ。バストイレ付き。
バスと別にシャワー室もついていました。

ひげそり、くし、歯ブラシ、シャンプーリンスセット、などなど、アメニティーも充実。
ちょっとしたホテル並みです。

通夜が火曜日、葬儀が水曜日で、今夜も誰かが泊らなければいけないのですが
いくら施設が充実しているとはいえ、さすがに私は眠れませんでした。
夫は高いびきで寝ていましたけどね。

そのおばさんは、なんでも、若いころからずっと独身で、家を出て暮らしていて
晩年は、同じような境遇の方と共同生活をしていたそうです。
ところが、おばさんが数年前にけがをして、入院。
共同生活していた方も高齢なので、これ以上世話はできないということで
夫のお姉さんに、言ってきたのです。

それで、住民票だけは、我が家に移して、実質的なお世話は、お姉さんがすべてやってくれていました。

私はそのおばさんと、数回しか会ったことがなく、また夫も、あまりかかわりなく来たようでした。

通夜、葬儀の相談をするときに、会葬御礼は、何個くらい・・・と言われても
「10個あっても、残るくらいかも。」という感じで
なんか、せつないですけども、せめて、心だけはこめて送って差し上げたいと思っています。

う。それにしても、眠い・・・。
あ。仏間を片づけなくては!
[PR]

by anzu-tushin | 2010-07-05 10:29 | 趣味・日常の話 | Comments(5)

Commented by 平瀬 徹 at 2010-07-05 12:48 x
11日が父の一回忌に当たります。
互助会に入っていましたが、父の希望もあって、近くにできたセレモニーホールで葬儀をしました。
お通夜が日曜で、ちょうど健保の講習があったため、私の仕事の鍼灸業界関係の方は夜遅く来て下さいました。近くだったので、家からすぐ駆けつけることができました。
まるで見た目は倉庫みたいな葬祭場ですが、自宅から近いということで300人戴の参列がありビックリ。
私が知らなかっただけで、晩年父は公園の清掃など、地域に貢献していたようです。
Commented by あんず at 2010-07-05 13:10 x
平瀬さん、そういうお話を伺うと、生前にちゃんと生きておかないと、と思いますね。お父様、とても立派な方だったのですね。しかも、そういうことを家族にも自慢げに話したりなさらなかったんでしょうね。素晴らしいです。
Commented by べし at 2010-07-05 19:17 x
葬式無用 戒名不要
ボクの遺言
(人生の最後もパクリです)^^
Commented by あんず at 2010-07-05 21:01 x
>べしさん
そんな風に本当に割り切れたら、それはそれでいいんですけどねー。
Commented by 平瀬 徹 at 2010-07-06 08:14 x
告別式は、故人のつき合いが判る日です。
けじめの意味でも、私もしてほしいな。
戒名は、信仰心があれば、お坊さんの思いが反映されます。
うちの場合は戒名は無料でした。
父の戒名は「大心院辯波広宣居士」。大きな心、あるのかなぁ。
辯才天の波になって、広く布教して下さい、という意味だそうです。
お通夜のときもお葬式の日も、「辯天さまの御教えはどこに行ったら聴けますか」と家族みんながそれぞれ質問されました。戒名通り、早速布教を始めたようですが、父は落ちつく暇もないようです。