〇〇電器の奥さんの話

先日、同じ町内の〇〇電器の奥さんが、くも膜下出血でお亡くなりになりました。

彼女の実家は私の実家のピッタリお向かいさんで、私より7つ上。
子供のころよく遊んでもらいました。
背が高く、頭もよくて美人で、ちょっと気が強いところがあって・・・。

奇しくも同じ町内に嫁いだわけですが、あんまり交流はありませんでした。
長年まったく会ってなかったし、やはり年齢も違うし、立場も違うしね。

そんなわけで、ここんとこ10年以上顔をみたこともなかったと思います。

彼女は、仕事をバリバリやっている様子でした。
まさか、こんな早くにお亡くなりになるとは、少なからずショックでした。

で、今日、私よりも彼女の家の近くに住んでいる人から話を聞いたのですが、
なんでも、彼女は、名古屋でメーカーから表彰を受けて
その壇上で、お辞儀をして、そのまま倒れたのだそうです。
そして、近くにいた人が、「バチン!」という音を聞いたのだそうです。
脳の血管が切れた音でしょうか。(そんな外まで聞こえるような音がするのでしょうか?)

救急車で運ばれたけど、そのまま帰らぬ人となってしまったそうです。

なんだか、人間って、はかないなと思ってしまいました。
考えてみたら、大震災で何万という人が自分の意志とまったく関係なく
唐突にいのちを奪われたこともそうですし、誰も明日のことはわからないということですよね。

だから、一日一日を大切にしなきゃねって、思うんですよね。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-09-22 18:54 | 趣味・日常の話 | Comments(0)