かぎ針編み2日目

前々から「かぎ針編み」を始めたくて、毛糸やかぎ針や初心者向けの本を買い込んであったのだが
2月1日、ついに始めました。

ちょうど急ぎの点訳も無く、寒くて外へ出られないし、まだ風邪気味だしで
編み物に取り掛かるにはうってつけだったのです。ちょうど月初めだしね。

今日は、細編み、中長編み、長編みの練習。

誰かに手取り足とり教えてもらうのならば、すぐわかるかもしれないけど
本に書いてあるのを、理解してやろうというのは、何事も難しいですね。

一応頑張ってはいるものの、これで合っているのかどうかもわからない。

でも、なんか、楽しい♪

全然できてないけど、楽しい♪

やりかけのものをテーブルの上に置いておいたら
帰宅した夫が
「いったい、何をはじめたんですか?」と。

私:「うん、ちょっと編み物やりたいなと思ってさ。」
夫:「ふーん、どうしてまた?」
私:「(特にどうしてってこと無いけども・・・)そうね、寒いし、炬燵の中でできることないかなってさ。
新しいことにチャレンジだよ。」
夫:「ふーん。」

しばらくして、私が湯たんぽに湯たんぽカバーをつけていたら
夫が「これ、編んだの?」と。^_^;

私:「こんなのまだ作れるわけないじゃんか。始めたばっかりだって、言ったでしょう?
なにしろ、学生時代にやって以来ずっとやってなかったんだから。」

その湯たんぽカバーは、どう見ても機械編み。まあ、そんなこと、夫にはわからんだろうけども。

私:「今はまだ練習中だけど、そのうちに、こういうのも作れればいいなって、思っているけどね。」と言っておきました。

55の手習いですよ。いつになったら物になるかわからないけども
いいのよ。別に。ものにならなくっても。
ひとつ趣味を増やしたのさ。

そうそう、また本も読みたいのよ。ここんとこ数年ずっと本も読んでなくて
先日、ようやく「下町ロケット」を読破したのよ。面白かったな。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-02-02 22:29 | 趣味・日常の話 | Comments(0)