浜ちゃんの退任を祝う会

昨日、「浜ちゃんの退任を祝う会」に参加しました。
f0032434_13405872.jpg


浜ちゃん(女性)というのは、高校の時の先生です。
私は、2年生の時に受け持ってもらいました。
その当時、まだ教師になって2,3年だったようで、年も若く、とても親しみやすいキャラだったので、みんなに人気がありました。

3年生の時は、進路別にクラスが分かれていて、私たちのクラスと隣のクラスは、女子ばかりのクラスでした。
浜ちゃんは、隣のクラスの担任だったけど、なんか、私たちのクラスにもよくしていただいた記憶があります。

彼女がこの3月に完全に教師生活をやめるということで、そういう会をするけど、よかったら・・・という話を、前回の私たちのクラス会の時に、聞きました。
それで、なんと、私たちのクラスからは、15人という、本当の担任のクラスの子たちと同じ人数が集まりました。

他にも、人数の違いがあれ、全クラス(10クラス)から、全体で約80人があつまりました。

先生がわも、浜ちゃんだけでなく、浜ちゃんの1年後輩の女の先生2名も一緒にご参加されました。

同学年と言っても、なにしろクラス数が多かったので、同じクラスだった子以外は、ほとんどわからず。
特に男子はまったく、初めてお会いします・・・くらいの感じでした。
なので、なーんか、やはり、緊張するというか、どうふるまっていたらいいのか、とまどう感じもありました。

はじめ、先生ともなかなか挨拶すらできなかったのですが、クラスごとに、先生たちと記念撮影をするという時に、思いきって声をかけました。
「先生、覚えていらっしゃらないと思いますけども、私、〇〇(旧姓)です。」というと
「ああー!覚えているよぉー。あんたは、明るくて、いつも面白いことばかり言っていたよねー。」と言われました。うれしかった!!

ね、長い教師生活で、膨大な人数を受け持っていらっしゃるのだから、覚えてなくても仕方ない。
でも、覚えていてくださったというのは、ほんと、うれしいですね。

また、先生と以外に、会えて一番うれしかったのは、Rちゃんでした。
Rちゃんとは、2年生の時に同じクラスで仲良くしてもらってた子です。
Rちゃんは、とても個性的で、すごく面白い子だったので、なんか気が合ったんですよね。

修学旅行の時に、大仙のホテルで演芸大会というのがあって、それに向けて、二人でコントをやろうということで、練習したのに、私たちの前の出番の子たちが、男子と女子で、マジ告白をし出してしまって、それが大盛り上がりになり、長引いて時間がなくなって、私たちが出来なくなってしまった、ということがありました。

そのことを、Rちゃんに言ったら、彼女はすっかり忘れていたようです。^_^;

私が「Rちゃん、ほんとうに面白かったからさあー。」と言ったら
Rちゃんが、「いや、あんずちゃんのほうが面白かったよ。」と。
二人で、「いや、そっちのほうが面白かった。」と言いあうって・・・・。(笑)

高校卒業後、一緒に木曽路に旅行に行ったこともあったし、何度かは会ったけど
それ以後、大人になってからは、一度も会う事がなかったんで、今回会えてとてもうれしかったんです。

もっと話をしたかったけど、彼女、次の予定があるということで、先に帰ってしまったので、残念。

電話番号交換したので、また連絡取りたいと思っています。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-04-01 13:43 | 趣味・日常の話 | Comments(0)