SMAPのユニゾンの不思議

前々から思っていたことだけど、SMAPって、一人ひとりの歌はかなり微妙と言うか^_^;
一番うまいと思われる木村くんにしたって、まあ、すっごいうまいってわけじゃないよね。
だけど、ユニゾンでサビを歌うと、すごいパワーがあるというか、伝わってくるものがある。

「音楽の日」で、新曲「MOMENT」を披露した時もそうだった。
初披露で、生放送ということもあるのか、いつもは割と安定している吾郎ちゃんも
かなり不安定だったし、木村君も大分怪しかった。
中居くんにいたっては、もう、私はテレビの前で手を合わせて「頑張ってねー!」と
念力おくりながらハラハラしていましたけどね、

でも、サビのユニゾンになったとたんに、すごい爆発力!
もちろん、曲がいいというのも大きな力だけども
5人の声が重なったときのなんとも言えない響きが心に入ってくるのよ。

一度でいいから、ほら、日本音響なんとかっていう組織があるじゃん、
(度の強いメガネかけたおじさまが所長さんのさあ)、
そこで解析してくれないかな。
ひとりひとりでは出せないなんか、特別なアルファ―波みたいな超音波みたいなものが
5人の声が合わさると出てきているんじゃないかね?

MOMENTは、本当に素敵な曲だったから
ぜひ、個々で歌うところも、もうちょっと頑張って欲しいわ。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-07-16 10:38 | Comments(0)