ビーズ・デコ刺繍 レッスン4 途中経過

ビーズ・デコ刺繍 レッスン4は、やわらかいショールにビーズやスパングルを刺繍していきます。

ふにゃふにゃした生地に縫い付けていくのは、結構大変。難しい。
で、先生に質問しました。
「刺繍枠は使わないのですか?」と。
先生のお答え。
「刺繍枠を使うやり方もありますが、今回は、やわらかい布地にそわせてやわらかい感じを出したいので、使わないんですよ。」

なーるほど!そういうことねえ!

で、なかなか進まなくて、教室での時間も含めて、5時間はかかって、今、こんな感じ〜〜。
まともにできてるのが2個しかない。そして、枠だけできたのが、2個。これから中をスパングルで埋めなくっちゃ。
f0032434_18525786.jpg
テキストの配置とは変えています。
ちょっと花と花の間を広げすぎちゃったかなあ・・・。
もし、あまりに出来上がりがスカスカだったら、あとで小さい花をオリジナルで足そうかと思っています。

まだまだ時間がかかりそう。肩もこりそう。(>_<)

出来上がりが楽しみだわ。ショールを使う季節がすぎてしまわないように!!


[PR]

by anzu-tushin | 2017-02-11 18:59 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

Commented by Lynn6 at 2017-02-12 00:00
こんにちは。anzuさん、いい感じですねえ。なんかアンティックにも見えます。この下書きみたいな薄い紙はノリでくっ付いているんですか?で、ビーズを刺した後はどうするんでしょう。水で溶けるとか?かしら。
経過 また見せて下さいね。
Commented by anzu-tushin at 2017-02-12 08:50
> Lynn6さん
下書きの紙はトレーシングペーパーです。まわりをしつけ糸で軽く縫ってあります。ビーズを刺したら、あとで手や、細かいところは、目打ちやピンセットを使って破って取ります。
紙を取り除くときに、ビーズをしっかりと押さえてないと、糸がひっぱられてレイアウトが崩れるから気を付けないといけません。