有松しぼり体験で作った手ぬぐいを使って・・・。

6月24日、25日と、名古屋での『味再会』に参加してきました。

短大の寮の同学年の仲間とのあつまりが40年以上続いているって、すごいことだと思います。

今年は名古屋で27名の仲間が集まりました。くわしくは、また『味再会ホームページ』にアップしたいと思っています。

有松で『有松しぼり体験』をみんなでしました。
しぼりと言っても、今回体験したのは、布を折って板ではさみ、角や辺に染料をつけて模様をつける方法です。
こんなふうに、手ぬぐいの長さの白い布を三角に折っていって、板でしっかりと挟みます。
f0032434_17442160.jpg
そして、染料をつけます。
f0032434_17453686.jpg
ドボンとつけてもいいし、筆をつかって細かく染料をつけてもいいです。
この後、染料を付けたものを蒸して、板をはずして手ぬぐいを洗って、出来上がりです。

色の選択や、染料のつけ方によって、折り方はみんな同じなのに、ひとつも同じ模様がない世界に一つだけの手ぬぐいができます。

私のは、青い色をドボンとつけすぎ、また、緑の差し色をしたんだけど、つけ方が少なすぎて、遠目、2色だけみたいな平凡なものになってしまいました。

きれいな模様になったら、そのままスカーフのように使ってもいいでしょうが、残念な結果になった私は、きんちゃく袋にすることにしました。

あずま袋にするっていう人もいたけど、複雑なのは無理だなーって思って、直線縫いだけでできるものにしようって思っていました。
(なにしろ、お裁縫は超苦手)

今日、思い切って苦手なお裁縫を始めました。
ドキドキドキ!ちゃんとミシンが使えるのかしら???

はいっ!できました!!
f0032434_17524689.jpg
ひもは、100均で買ってきました。ぎゅーっとすると、こんな感じに。↓
f0032434_17532725.jpg

おっ!!なかなかかわいいじゃんか!!(ポジティブ)

調子に乗った私は、サイズ調整で切り取った部分を使って、ブローチを作ってみた。
f0032434_17545206.jpg
結構かわいいじゃんかーーー!満足満足!(^_-)-☆

3.5センチ×4.5センチの楕円形です。前に購入してあった、クローバーの『くるみボタン ブローチセット』を使いました。
中央のお花は、前にいとこのビバにもらったレジン封入用のレースのお花です。ボンドでくっつけました。


[PR]

by anzu-tushin | 2017-06-28 18:00 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

Commented by Lynn6 at 2017-06-29 01:54
さっき、、コメント消えてしまいました。(๑>◡<๑)

巾着袋、うまくいきましたね。ハギレ使いも素敵です。自分で染めたものは特にですよね。
板染に限らず、染めって出来上がりが予測できなくて 難しいです。でも、そこが面白いっていいますけれど。
40年も続いているお仲間。素晴らしいです。皆さん良い方ばかりなんですね。いやいや、anzuさんのお人柄よね。 o(^-^)o



Commented by anzu-tushin at 2017-06-29 08:44
りんちゃん、コメントありがとうございます。
りんちゃんみたいに、お裁縫も手芸もプロ級に上手な人にほめてもらうと、うれしいけど申し訳ない気分になるわ(笑)。
寮の仲間は、本当にみんな気持ちのいい人ばかりです。
私の人柄はどうか怪しいもんだけども。
全員保育者を目指して遠いところから寮に入って学んで、卒業してからは大多数の人が保育者になり子供たちと向き合ってきたので、思いやりとか周りへの気配りは最高にあると思うよ。
名古屋の混んだ地下街を歩くときに幹事さんが「混んでいるから、みんな、じゃまにならないようにと人数がかぞえやすいように2列に並んで歩いて。」といえば、「はーい!」と、粛々と2列に並んで歩くおばさんグループですしね。(笑)