カテゴリ:ボランティアの話( 153 )

蒲郡のみなさまにお知らせ<ボランティアまつり&居場所フェスタ>

平成29年2月4日(土)10:00〜15:30
蒲郡市民会館 東ホールにて
「ボランティアまつり&居場所フェスタ」が開催されます。

なにかやってみたいけど、何をしたらいいかわからない、きっかけが無い。
というそこのあなた!ぜひ、いらしてください!
そして、ご自分にできる何かを見つけてください!!
f0032434_17102614.jpg
私は、歌声ボランティア「ハーモニー」と、点訳グループ「あい」に所属しています。
歌声ボランティア「ハーモニー」は、展示ブースと、活動発表があります。10:30〜10:15
点訳グループは展示ブースで点字体験ができます。
f0032434_17133660.jpg

他のボランティアグループのみなさんも、頑張っていますので、ぜひ、当日ご参加ください!!

また、今回は「居場所作り」のみなさんとも合同の開催です。
f0032434_17141424.jpg
また、高校生ボランティア・企業ボランティアのみなさんも参加です。
f0032434_17144947.jpg

[PR]

by anzu-tushin | 2017-01-27 17:16 | ボランティアの話 | Comments(0)

『がまごおりボランティアまつり』のご案内・・・拡散希望!

蒲郡市ボランティア連絡協議会に登録しているボランティア18グループが一堂に会して、市民の皆様に日々の活動をご紹介します。 「ボランティアをやってみたいけど、自分にできることがあるかな?」「どこでどんなボランティアが活動しているの?」などと思っていらっしゃるかた、ぜひ!ご参加ください!!

日時:平成27年12月5日(土)10:30~15:00

会場:蒲郡市民会館東ホール

入場無料

内容

≪展示コーナー≫
※パネル展示・机上展示などで、どんな活動をしているのかをご紹介します。それぞれのブースでくわしく話を聞くことができますよ。
≪体験コーナー≫
※各グループの体験をしていただけます。ひとつ体験すると1個スタンプをゲット!スタンプ3個or5個ゲットでミニプレゼント進呈。(なくなりしだい終了)

≪ステージ発表≫
カラオケ・紙芝居・歌などを特設ステージでご覧いただきます。みなさんにも参加していただき、一緒に歌うコーナーもあります。お楽しみに!

≪ドリンクコーナー≫
会場を回ってのどがかわいたな?と思ったらご自由にどうぞ!もちろん無料です。

≪ゆるきゃら写真撮影会≫
がまごおりのゆるきゃら人気ナンバーワンの竹島水族館マスコットキャラクターでたけすい宣伝部長の「タケアシくん」が応援に来てくれるよ!ぜひ一緒に写真を撮ってね。(タケアシ君の出演時間は12時15分~12時45分頃となります。)


《出演団体》
蒲郡市ボランティア連絡協議会(18グループ)
市内高等学校ボランティア部員
竹島水族館公式キャラクター「タケアシ君」(賛助出演)

主催:蒲郡市ボランティア連絡協議会
蒲郡市神明町18-4[勤労福祉会館内]
電話0533-69-3911
共催:蒲郡市
後援:蒲郡市社会福祉協議会

***********************************************
私が所属している、歌声ボランティア「ハーモニー」も、点訳グループ「あい」も、参加します。

歌声ボランティア「ハーモニー」は、午後2:00〜2:50 みんなで歌おうコーナーを担当します。
最後には、点訳グループ「あい」と、手話グループ「かざぐるま」とコラボして、「翼をください」を大合唱します。

ぜひぜひみなさん、いらしてくださいね!!

[PR]

by anzu-tushin | 2015-11-11 17:13 | ボランティアの話 | Comments(0)

みらいあ祭りに参加

歌声ボランティア「ハーモニー」で、みらいあ祭りに依頼されて、出演してきました。

中央小学校、歌声ボランティア「ハーモニー」、和太鼓「響」の順の出演でした。

こーんな屋台もあり、にぎやかな様子。
f0032434_2042123.jpg



戸外での活動は音が飛散してしまうので、とってもやりにくいですね。

また、ちょうど私たちの出番の時に、屋台のだんごやらたこ焼きやらの販売が始まり、みなさん食べ物に夢中になってしまうので、『利用者さんたちと一緒に歌ったりゲームをしたりして交流する』というタイプの私たちの活動には、あまり良い影響を与えてくれませんでした。

もちろんどんな環境の中でも、全力を尽くすのが私たちですけども、正直やりにくかったです。
私たちと和太鼓のみなさんの出演の間には、休憩時間があったんですよね。
その時間があるなら、おやつタイムは、私たちが始める前か後にしてくださってもよかったように思いますけどね。

まあ、長くやっていれば、いろいろありますね。(;'∀')
[PR]

by anzu-tushin | 2014-05-10 20:49 | ボランティアの話 | Comments(0)

第21回 東三河ボランティア集会に参加

2月1日(土) 第21回 東三河ボランティア集会に参加しました。

午前8時過ぎに、竹島埠頭から、大型バスに乗って田原を目指しました。

バスの中で、ボ連協の会長さんから
「先日とてもいい歌を知って、みなさんにもお知らせしたいので、ハーモニーさんでレクチャーしてくれないか。」
という依頼があり、歌声ボランティア「ハーモニー」の一員として参加していたリーダーのTさんと私で音頭をとって、その歌(星影のワルツの替え歌で、しあわせのワルツ)をみなさんで歌いました。

f0032434_19501880.jpg

午前中は、開会式と上野千鶴子氏の講演会

昼食は、お弁当
f0032434_19511272.jpg


午後からは、各会場での展示・発表などを巡りました。

蒲郡市からは、朗読グループ「じゅげむの会」が、朗読と紙芝居を発表。
f0032434_19503895.jpg

男性が会員にいらっしゃると、声の違いがはっきり出ていいですね。
私たちハーモニーは女性ばかりなので、どうしても声が似通ってしまうので、うらやましいです。

発表されたみなさんが上手で、会場中が集中してみているのがよくわかりました。
たまに廊下側から、大声のおしゃべりが聞こえてきたのは、お粗末でしたね。


また、蒲郡市健康づくり食生活改善協議会が、保育園などで子供向けに実施している食育劇を発表しました。

f0032434_1949519.jpg

「みなさん、保育園の園児の気持ちになって参加してください。」とのことでしたので
なにか言われたら「はーい!!」と元気よく返事をしました。
最初は私だけだったので、みんながびっくりしてこっちを見ていたりしましたが、だんだん周りの人がみんな元気よく「はーい!!」と言うようになって面白かったです。
(^O^)/

後で「盛り上げてくれてありがとうね。」とお礼を言われましたが、頑張っている人を応援するために協力するのは当たり前だし、だいたい、そういう感じで楽しみたいタチなのでね。^_^;

他市の発表ももちろんいくつか見ました。

田原市の方のマジック。面白かったですねえ。
し、年配の男性でしたが、マギー四郎かと思うような、うまくいくのか行かないのか、ドキドキし、とっても楽しいおしゃべりのマジック。(笑)

牛乳を使うマジックでは、「たまに家で練習してしっぱいしてぶちまけると、かみさんに、えらく叱られるんですよ。」とかね。

私とTさんは、最前列に陣取って、思いっきり拍手したり「おおー!」「すごーい!」と盛り上げましたよ。

車いすダンスも、素敵でしたね。素敵な赤いドレスで、表情豊かに踊っていらして、生き生きしていらっしゃいました。

渥美混成合唱団の「みんなでうたいましょう」コーナーに途中からすべりこんで、思いっきり歌ってきましたしね。

今回は、自分が発表したりブースを持つことがなかったので、お気楽な気分でボランティア集会を楽しむことができましたね。

そうそう、閉会式の最後のみんなで「花は咲く」を歌うコーナーでも
司会の方が「舞台の上で歌ってもいいという人はぜひ、出てきてださい!」の呼び掛けにもTさんと一緒に応じてしまいました。

なんでしょうね。調子に乗っていたのかな?
でも、いいよね。別に、人になんと思われようとねえ。楽しんだもん勝ちですよね。
[PR]

by anzu-tushin | 2014-02-02 20:10 | ボランティアの話 | Comments(4)

ぼらチャリに参加

1月26日(日)に、名古屋中区のナディアパークにて、「ぼらチャリ」というイベントがありました。

私は、名古屋点訳ネットワーク(NBN)の一員として参加しました。
昨年に続き、2度目の参加です。

昨年は初めての場所だったので地図を見ながら“公園”を探してウロウロし、ナディアパークが公園では無いことにようやく気付いたという次第でした。
そして、帰り道がわからなくなって、寒い中しばしさまよった経験が・・・。

今年は、平瀬さんと地下鉄の矢場町の改札で待ち合わせて、一緒に行きました。
最初、「私は超ド級の方向音痴だから、もしうろうろして、平瀬さんを危険な目に合わせたら大変!」と、一緒に行くのを躊躇したのですが、一緒に行っていただいて、良かったです。(*^_^*)
平瀬さんが健脚なので、ガイドヘルプされているのが、どっちだか・・・という感じでしたねー。

さて、会場はひとつの部屋に、私たちNBNの点字体験ブースと、折り紙を教えてくれるブース、皿まわしを体験させてくれるブース、紙芝居の読み聞かせをするブースがありました。
f0032434_0202528.jpg


私たちは入口の近くだったので、このような掲示をしました。
f0032434_020445.jpg


点字の絵本やメニューを展示。
f0032434_021223.jpg


点字体験用の用紙~きれいな切りぬき模様がほどこされています。
蒲郡の点訳グループ「あい」では、かわいいイラストを印刷していますが、こういうのも、おしゃれでいいですね。
f0032434_0225312.jpg


点字ディスプレーもみなさんに体験していただきました。
f0032434_0233888.jpg

実は私も実物を見るのは初めてだったので、興味深かったです。

午前11時から午後5時までで、68名の方が点字体験をしてくださいました。
体験者のほとんどが、違うボランティアのブースのかたやスタッフの方でしたが、中にはたまたま他の用事でナディアパークにきて、ぼらチャリが行われていることを知り、お子さんと一緒にスタンプラリーをしているのだという若いお母さんもいらっしゃり、一度来て、また何時間か後に、今度はおばあさんも一緒に点字体験をしてくださったというケースもありました。

私たちも交代でスタンプラリーに参加し、他のボランティアさんと話をしたり、色々な体験をさせてもらいました、。

1.「ぴよか着ぐるみ体験」
  ぜひ、着ぐるみを体験したかったけども、30分間も着てあちこち歩いてアピールする、と聞いて断念。

2.「障害者スポーツ体験」
  目隠ししてボールをおもちゃのバットで打って、ペットボトルを倒すボーリングを体験。
f0032434_0382138.jpg


3.「紙ずもうで遊ぼう!」
  折り紙でおすもうさんを作って、スタッフの人と対戦。私勝ちました!賞品のグラスいただきました!

4.「聞こえの体験」
  耳の不自由な方と、筆記で会話をする体験。

5.「折り紙でコマを作る」
  うまくできましたが、家で同じものを作れるかと言うと・・・?

スタンプラリー、全部まわって、賞品をゲットできました。

2年目で、NBNのみなさんともだいぶ親しくなれた、ということもあって、とても楽しく参加できました。

NHKの取材が入って、その日のNKHニュースで、紹介され、私たちの点字体験コーナーも紹介されたそうです。
そういえば、取材の人が、点字体験をしていた女性が終わって帰ろうとしたら
「あ、もう少しやってもらえませんか?」と、引きとめて撮影してたっけ・・・。^_^;

帰り道は、今年は、ひとりじゃなく、みんなと一緒に帰ったので、迷わず、無事に帰れたことを最後に報告いたします。
[PR]

by anzu-tushin | 2014-01-28 00:52 | ボランティアの話 | Comments(2)

名古屋盲学校の文化祭に参加

11月2日(土) NBN(名古屋点訳ネットワーク)の一員として、名古屋盲学校の文化祭に参加しました。

f0032434_20204258.jpg


家を午前7時半に出発。JRで名古屋まで出て、地下鉄に乗り換えて今池まで。
今池の改札口で、NBNの他のメンバーの方と合流して、徒歩で盲学校まで行きました。

結構距離あるのね・・・。
でも、途中とても広くて木々がいっぱいあって素敵な公園とか、銀杏の並木道とかあり、おしゃべりしながら、気持ちよく歩いていくことができました。

私は盲学校へ行くのは初めてでした。想像したよりも大きくて広い校舎でしたね。
NBNのブースは、前日に数人で準備をしてくださっていて、ボール投げゲームの段ボールも楽しい感じにしてあったし、NBNの看板というか、紹介のポスターのようなものも、きれいに作ってありました。

午前中は、体育館で、生徒のみなさんの発表会を見せていただきました。
劇やら、朗読やら、和太鼓やら、みなさん一生懸命に演技していて楽しかったです。

特に、高等部普通科1年のみなさんの劇、『NO MONEY ~ 一攫千金』という劇が
先生たちも多数参加されていて、ほぼコントのような、ギャグ満載の劇で、何度も声を出して笑ってしまいました。

生徒と先生が本当に親しく、いい雰囲気なんだなと思いました。

昼食は、駅から学校への途中でコンビニで購入したものプラス、H先生が差し入れてくださった豚汁でした。

f0032434_2034085.jpg


豚汁あたたかくて、おいしかったなあ。

午後からは、自分たちのブースでの活動。

段ボールの箱で作った的にボール(ブラインドテニスで使用するやわらかくて、振ると音がするもの。)を3球投げてもらい、箱に入った数だけのお菓子を景品として差し上げるというもの。

f0032434_2038863.jpg


他には、点図の迷路・形あてなどです。

最初廊下に出て呼び込みをしてみましたが、人通りもあまりなく、お隣のポップコーンやさんが開店するのを待つことに。
そのうちに通りかかる人が多くなり、お誘いしているうちに、ゲームに参加して下さる方が増えていきました。

ボール投げの方は、小さなお子さんも簡単にできるので、とてもよろこんでいただけたと思います。
晴眼者の方には、アイマスクをしていただいて行いました。
他のメンバーさんが、ボールを投げる方向を知らせるのに、段ボール箱をたたいて「こっちですよ。」とやっているのを見て、なるほどね!と感心。

点字迷路も、とても集中して全種類クリアした小学生の子もいて、楽しんでいただけていたと思います。

【反省点】
・ボール投げの場所が入り口近くで、点字迷路のコーナーに行くのにボール投げのコースを横切ることになっていたので、位置を工夫した方がよかったのでは?
・的の段ボールが口を上向きにした方が、入ったかどうかがわかりやすかったかもしれない。(横向きだと、入っても飛び出てきてしまった。)
・NBNのスタッフだとわかるなにか目印があるといいよねー。腕章とか名札とか。

*************************************
おまけ その1
Aさんと・H先生と一緒に体育館での【大声コンテスト】に参加しました。
私は「精神年齢は、17さーい!!」と叫んできました。
司会の生徒さんが、「困っちゃったなこのおばさん」というような顔をして
「17歳なら、僕と同じですねー。」と言ってくれました。(^^ゞ
*************************************
おまけ その2
隣のブースでパソコン部の生徒さんが開発したゲームをやらせてもらいました。
スタートボタンを押して、10秒を数えて、またボタンを押す。
すると誤差の少ない順に順位が出てくるという。

それで、その時点で私は4位だったんですよ。あとで、どんどん順位が下がったみたいですけどね。(^^ゞ
[PR]

by anzu-tushin | 2013-11-03 21:11 | ボランティアの話 | Comments(2)

ソングデーに参加(歌声ボランティア「ハーモニー)」

6月21日(金) 豊橋 あいトピアにて、音楽の日 コンサート ソングデー が開催されました。

この催しは、「音楽でつなごう会」 代表:太田 釈尊(ときたか) 氏 の発案によるものです。

太田 釈尊さんは、いじめによる引きこもりを克服した経緯があり、彼を支えてきた母と
二人三脚で、この会を立ち上げたのだそうです。

元々、フランスで6月21日は「音楽の日」と位置付けられていて
その記事を読んで、自分たちにもできないか、と考えて、昨年から始めたイベントだそうです。

私たち歌声ボランティア「ハーモニー」とのかかわりですが
昨年の東三河ボランティア集会での発表部門で、太田さんが私たちの活動を見て下さり
今回のソングデーにお誘いいただいた、というわけです。

私たちは、現地集合ということで、自家用車に分乗して行きました。

私はピアニストのYさんに乗せてもらって行ったのですが
ま、途中、道がわからなくなるという、私がかかわっているために起こるハプニングが
起こるべくして起こり・・・。^_^;
それでも、コンビニの親切な店員さんに聞いて教えてもらい、なんとか集合時間までにたどりつきました。

出番は午後からの本番の中の5番目で、演技時間は各15分と決められていて、わずかなのですが
午前11時半から、簡単にリハーサルをさせていただき、お昼ご飯を食べてスタンバイしました。

いろいろなジャンルの方が集まっていて、面白かったですよ。

ピアノ演奏、バイオリン演奏、剣舞、オカリナ演奏、アフリカの太鼓演奏などなど・・・・・。

私たちは、音楽を取りいれた、大型紙芝居「うまかたどんとたぬきのポンタ」の上演と
みんなで歌おう!で、「BELIEVE」「三百六十五歩のマーチ」を歌いました。

昨日の私は、なんか、ちょっとおかしかったな。
あがっているというよりも、なんか、ぼーっとしていて、ちょっとひとりであせる場面がありました。^_^;

自分たちの演技が終わった後、しばらく他の方の演技も見ていて
よきところで、失礼しました。

客席の後ろのほうで、ずっとしゃべっているおっさんがいて
全体が静かに聞いている中、とても気になりました。
もっと近くにいたら、注意していたかも知れませんが
ちょっと遠かったからなあ。わざわざ出かけていって言うのは、はばかられました。
(かえって、うるさくなっちゃいそうで。)

朝9時半に家をでて、Yさん宅を出たのが10時ちょっとすぎ。
家に帰ったのが4時ころ。

実働は少ないのですが、なんか、とっても疲れたわ。
他のメンバーもそう言っていました。なんでかね???
初めての場所で、初めての参加だったからですかね???

ソングデー自体は、なんと1部が、13時~16:30分、2部が17:00~20:00
とても、全部は見ていられませんよね。

それにしても、長年引きこもっていた青年が、色々な人の力を借りて
ここまでの大きなイベントを開催するに至ったことを考えると、感慨深いですよね。
[PR]

by anzu-tushin | 2013-06-22 10:11 | ボランティアの話 | Comments(0)

東三河ボランティア集会in蒲郡に参加

昨日は、朝から夕方まで準備で、昨夜はぐったりでした。
だから、「信長のシェフ」も、「テレビ60年・・・」も、見ずに寝てしまいました。

今日も朝から蒲郡市民会館に行きました。

まずは、点訳グループ「あい」のブースに行って、パソコンをセット。
昨日貼っておいた「点訳グループ「あい」」の文字の中の「ー」が太すぎて気になっていたので
それだけ作りなおしてきたものを、取り替えました。

そして、Dさんに、今度NBNが主催する加藤先生の講演会のチラシを半分託して
「私も他のボランティアさんに配ってお誘いしようと思っているけど
ハーモニーの準備で、もしかしてできないかもしれないから、配ってもらえますか?」とお願いしました。
(案の定、ハーモニーの方のことで手いっぱいで、結局私は1枚も配れなかったというおそまつ)

午前中、全体で、「微笑亭さんた」さんの落語と、クラウンサーカスを楽しみました。
難しい話、深刻な話もいいけど、時には、こんな楽しい企画もいいですよね。

微笑亭さんの落語は、結構下ネタ満載でしたねえ。(^_^;)
面白かったけど。

クラウンサーカスは、客席を巻き込んで、とっても楽しく見られました。

お昼ご飯を食べてから、私たちハーモニーは、控室で、軽く「ふくろうのそめものやさん」を練習
そして、閉会式で歌う「三百六十五歩のマーチ」も練習。

そうこうしているうちに、あっという間に出演時間になりました。

ふくろうのそめものやさん、みんなドキドキだったと思うけど
大きな失敗もなく、楽しくできたと思うし、お客さんも楽しんでくださったと思います。

私は、もちろん、楽しかったですよ!!
昨日のリハーサルよりも、いい感じに声が出てましたからね。
満足な出来だったと思います。

閉会式の「三百六十五歩のマーチ」
振付のレクチャーを私が担当したのですが、それも、みなさんに楽しんでいただけたのでは?
客席のみなさまが、ほとんど全員元気よく振付しながら歌ってくださったので、
舞台側から見ていて、とてもうれしく、楽しかったです。

ひとつ、大きな行事がすみました。ほっとしたわ。

明日は、のんびりたまったビデオを見ようっと。
[PR]

by anzu-tushin | 2013-02-02 20:05 | ボランティアの話 | Comments(0)

歌声ボランティア「ハーモニー」 発表会をします

発足から早12年目となりました、私たち歌声ボランティア「ハーモニー」ですが
このたび、初となる発表会を行います。

*********************************************************

日時:2012年9月30日(日)
    午後1:00開場 1:30開演
場所:蒲郡 生きがいセンター
 3階ホール(駐車場あり)


入場無料です!!

☆プログラム☆

1.会長あいさつ

2.紙芝居「うまかたどんとこだぬきポンタ」

3.歌体操:「津軽海峡冬景色」

4.みんなで歌おうパート1
  赤とんぼ、里の秋、まっ赤な秋、小さい秋みつけた

(休憩 10分)

5.おりがみオペレッタ:「ふくろうのそめものやさん」

6.ピアノ連弾
  エリーゼのために、涙そうそう、エンターティナー

7.フラダンス「カイマナヒラ」

8.みんなで歌おうパート2
  銀色の道、翼をください、もしもピアノが弾けたなら、君といつまでも、高校三年生

*********************************************************

お近くのみなさん、ぜひ、ご来場くださり、一緒に盛り上げてください。
よろしくお願いします。

ちなみに、私あんずは、紙芝居のオープニングのちょっとした歌を歌うのと
歌体操のご紹介、「ふくろうのそめものやさん」の、ふくろうの声と歌
フラダンス、みんなで歌おうの、リードボーカルの一員。を担当します。

腰が心配ですけども、なんとか頑張ってやりたいと思っています。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-09-09 14:56 | ボランティアの話 | Comments(4)

ふくろうのペープサート

昨日の歌声ボランティアの練習の時のこと。

小田先生が、ふくろうのイラストを持っていらして
「これが見本です。ふくろうは折り紙でなくてもいいので、こんな感じで作ってください。」と。

私:「ひぇえええ?私ですよね?」ということで。

仕方が無い。私が作るしかない。
(だからあ・・・。本当は工作苦手なんだってばさああ・・・!)

イラストを見ながら、まずは、下書き。
そして、ハサミで切って形をだいたい作った。

なにしろ、私が持っているボール紙は、昔保育士をしていた時に大量にもらった
四つ切りの大きさのもの。

もったいないから、それで作るので、胴体と頭と羽は別々に。
せっかくだから、羽根は動かせるようにしてみました。
f0032434_17131039.jpg


そして、それから、アクリル絵の具で色を塗り
色紙で、目と、羽根を装飾。
f0032434_1714662.jpg

身長70センチのふくろうくんです。

乾くのを待ってとか、結局3時間近くかかってしまった。
今日はこれにて終了。疲れたわ~~。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-08-09 17:15 | ボランティアの話 | Comments(2)