<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

訃報

この年末になって、訃報が届いた。

実家の母から電話があって、母の弟嫁のヒサコさんが亡くなったというのだ。

ヒサコさんには、子どもの頃からとても世話になった。
母にくっついて母の実家(安城)に行くと、ヒサコさんは、とてもかわいがってくれて
よくしてくれた。

私が関節リウマチになった時に、安城の厚生病院に行くのに寄らせてもらったときにも
とても心配してくれて、やさしくしてくれた。

チョット神経質くらいなところがあった人だけど、私は好きだった。

1月3日が葬儀だということで、私はその日、クラス会の予定だったけど
そちらを断って、葬儀に出席することにした。
安らかに眠って欲しい。
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-30 15:31 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

なぜ、戻る??

夫が珍しくインターネットをやるという。
「何を見るの?」と聞くと
「ゴルフ場の電話番号を調べる。」という。
ゴルフの予約をするのに電話番号がわからないからという。

インターネットで予約もできるんじゃないかなと思ったけど
そんなこと夫にできないだろうから黙っていたけどね。

それはさておき、夫が調べものが終わって、画面をそのまま席を立とうとしていたので
「インターネットだけ終了しておいてよ。電源はそのままでいいからね。」と声をかけた。

すると、夫が『戻る』ボタンを数回おして、戻している。

「ちょっと、なにしているの?別にヤフーまで戻さなくてもいいんだよ。そのまま赤いペケで切れば。」
(^_^;)

このこと、確か半年くらい前に夫がインターネット使ったときにもおなじこと言った気がするけど・・・
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-27 22:43 | 夫の話 | Comments(0)

年賀状

年賀状を作らなきゃ、作らなきゃ・・と思いつつ、なかなか手がつけられなかった。
昨日、午後からようやくまとまった時間が取れたので、教室スペースで制作にとりかかった。

親戚と夫の交友関係用は、あんまりふざけた感じにできないので
この間の「寒ぶりツアー」の途中で富士川パーキングで撮った富士山の写真を使って
地味目に仕上げた。
地味に見えるけど、富士山の写真には、パーキング内の電灯のポールが
しっかりと写っていたので、フォトショップエレメンツのスタンプツールを使って
消してあり、結構手がかかっているのよん。

そこで、一枚試しに印刷してみようと思ったのだけど
はがきが・・・・無い!
「あれえ?どこへしまったんだっけ?」
ここかな?と思う場所を探しまくったが、どこにも無い。

しかたなく、他のパターンを作るのを先にした。

自分の友達用には、いろいろなところで歌っている写真を3枚配してみた。

「はがき~~、どうしよう!とりあえず親戚と夫の分だけでも買ってこようかなあ。
でも、もったいないよー。」と、部屋を出ていこうとした時
教室の玄関先の棚の中に袋に入ったままのはがきを発見。
何回も探したのに、なんでここ、見なかったんだろう。

ともあれ、よかったよかった。(^o^)丿

それから印刷に突入。

130枚のはがき、35枚あまってしまった。
そこで、寮の友達全員に、今年の寮の同窓会「味再会」の写真を入れて
ついでに「味再会」のホームページをアピールするハガキを作成して
送ることにした。

それだと、10枚くらい足りないので、午後5時過ぎ、豪雨の中
サンクスまで車で行って、年賀はがき10枚をゲット。
ついでに、ちょこっとデザートと晩御飯にちょっとご飯が足りないのでおにぎりを購入。

それから寮友用のはがきを印刷。

晩御飯のあと、手書きの一言を書いて、完成!!
さて、投函しに行きますか。
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-27 09:30 | Comments(0)

さざんか

昨日、外出から戻ってきた時に、敷地に入るところの短い石段の脇に
赤い花が咲いているのを発見。
f0032434_2140094.jpg

「ん?こんなところに、さざんかなんて、あったっけ?変だな。鳥が実でも落としたかな?
あら・・・さざんかって、実がなったっけ??」
なんてことを考えながらも、用事があってそれ以後、その花を見たことも忘れていた。

今日、点訳サークルの例会に出かける時、また石段の脇をみたら、やはり咲いている。
「ふ~ん、どうなってんのかなあ・・・」と思いながら車に乗った。

エンジンをかけて、発進しかけたら、近所ののおじさんがこっちに歩いてくるのが見えた。
「あら、どこへ行くのかな。」と思いながら車をバックさせかけた。
すると、おじさんが手招きをするではないか。
私は今までに、このおじさんと話をしたことなんてないのだ。

いそいで車を止めて、降りておじさんのところへ行った。

「はい、なんでしょうか?」

するとおじさん、例の花を指差して
「これのん、嫁をお寺に乗せてってくれたお礼に・・・
なにもお礼するもんがないもんで、これ・・と思って、植えといただけんど
いらんかったら、こいでくれていいでのん。(抜いてくれていいからね)」

私は、一気に合点がいって
「あああああーーー!!そうだったんですかあ。
どうしてここに急に咲いたんだろうって、考えていたんですよー。
ありがとうございました。」と礼をいった。

おじさんは、「こいでくれていいでのん。」と言いながら、早足に去っていった。

しかし・・・人んちの庭に、勝手に植物を植えるかあ・・・・????(笑)
もちろん、大切にしますけど。(^_^;)
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-20 21:40 | 趣味・日常の話 | Comments(4)

ミッキーハウス25周年

ミュージカルと太極拳でお世話になっている本多先生がやっていらっしゃる
「ミッキーハウス」というダンス教室が25周年ということで
今日、「ミッキーハウス」ダンス教室と、バレエエクササイズ教室合同の
「クリスマスダンスパーティー」(要は、発表会)があった。

私は、いつも本多先生にはお世話になっているし、ダンスをやっている子どもや
みなさんとも、ミュージカルなどで顔見知りなので、ぜひ行こうと決めていた。

途中、花屋さんで「花束がいいかなあ、アレンジメントがいいかなあ。」と散々迷ったあげく
バラの花や、かわった植物がクリスマスチックにアレンジしてあるものを選択。
それを持って、会場である市民会館東ホールに向かった。

会場にはショーダさんやら、kimioさん、センちゃん、しんちゃんも来ていた。
後で、いなっちゅう夫妻、そのちゃん夫妻もいたことに気がついた。
ミュージカルの仲間の顔をみると、なんか不思議な親近感を覚えるのは私だけかな・・・

ダンスのほうは、小さいこから、高校生、成人の人まで
きれいな衣装で、みんなうれしそうに踊っていて、素敵だった。
チョット音響が悪いのが気になったけど、あの会場ではし方ないね。

25年かあ。すごいね。がんばっているね。これからもがんばってくださいね。

f0032434_19105574.jpg

[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-17 19:11 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

忙しかった一週間

12日(火)歌声ボランティア ハーモニーの活動で、「形原たいよう」を訪問。

13日(水)14日(木)「○木○正後援会」の“寒ぶりツアー”に夫と参加。
そういうツアーに参加するのは初めてだったので、びっくりがいっぱいだった。

バス8台を連ねてのツアー。250名超の参加の大宴会。
女性と男性別れて各6~7名の雑魚寝。
同じ町内のみなさんとのカラオケ。
(参加者の平均年齢高くて、ついついデイケアサービスのノリになってしまって
盛り上げてしまった私・・・)

おもしろいこともあったけど、大変だった。
夫には、「こんなに気を使う旅行には二度と参加しないからね。」と言ってある。

☆15日(金)は、お寺の報恩講の準備で、【おこつぼかざり】
正式には“お華束(けそく)飾り”というのだそうだ。
で、なぜに“おこつぼ”というのかは、不明。
f0032434_18485638.jpg


f0032434_18562148.jpg


小さい丸いお餅を、串に刺し、それを束ねて色をつけていく。
段々に重ねていって、みかんも重ねる。
これがなかなか大変な作業。
それが終わったら、本堂と回り廊下、階段のそうじとぞうきんがけ。
朝8:00~午後2時過ぎまでの作業だった。

☆16日(土)は、お寺の報恩講の、おとき(食事)を提供する係り。
お昼時に次々におまいりに訪れる檀家の人たちに、パックのおかずと
ご飯と味噌汁を出す。
ピークには、目が、まわる忙しさ。
同じ町内の当番の人合計6人と、隣の地区の当番の3人でこなす。
朝9:00~3:00過ぎまでの御奉仕。
もう、くったくた。体のあちこちが痛い。


ああー、なんか、すっごく疲れた一週間だった。
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-17 18:56 | Comments(0)

豊橋オーレ

しんちゃんが出演するというので、見に行った。
豊橋市が市制施行100周年の記念に、市民音楽劇を上演したのだ。
それが「豊橋オーレ」。

正直、松平健や大津美子の歌と、ストーリーがうまくかみ合うのか?と、心配だった。
わざとらしい入り方してきたら、しらけるよな・・・と。
しんちゃんのがんばっている姿が見られれば、それでいいや、くらいに思って行ったけど
思いのほか、しっかりした脚本、演出で、笑いもあるし、じーんと胸にしみる場面もあり
市民のみなさんのがんばりも素晴らしく、素敵な舞台だった。

あれほどの大人数で、あの舞台上を歌って踊って、出入りして
どれほどの練習をこなしていらしたことだろう。よくやったなあと、賞賛を送りたいです。
舞台を作っていく大変さを、ちょっとだけ知っている身としてはね。

まあ、松平さんの登場については、ちょっと無理もなきにしもあらずだけど
大津美子さんの歌は、本当に素晴らしく心に響いた。
ご高齢だからか、1番は声がでにくそうだったけど、2番から立ち上がって歌ったら
さすがに長年歌いこんできた歌、貫禄を感じた。

しんちゃんも、もちろん頑張っていた。
長身なので、探しやすく、「お、出てきた出てきた!」と密かに拍手を送っていたのだ。

あ、まだ、チケット代払ってない・・・

帰りにロビーで、つい、買っちゃった。
f0032434_20271570.jpg


これは、サンバ棒・・・です。
こんなパッケージ!
f0032434_20282576.jpg

[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-10 20:22 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

SMAPライブのDVD

発売日にアマゾンから届いて、その日の午後に、教室のパソコン(私用)で、見始めた。
しばらく見ていたら、途中からなんか、画像と音が飛ぶようになってしまって
ついに、DVDが認識されなくなってしまった。

ソフトの不具合なのか、DVDの不具合なのか、わからなかったので
生徒用のパソコンで見直してみた。
すると、ばっちり見られた。

ということは、私用のパソコンがおかしいってことじゃん。
CDは、ちゃんと認識されるのだけど、DVDはだめ。
どうしたらいいものか・・・

**************

ともあれ、生徒用のパソコンでも見られるので、それでじっくり見た。
そして、今日、また、最初から見てしまった。
夫が町の忘年会で留守なのをいいことに
居間のテレビで、PS2を使ってみた。

ああ、かっこいいなあ!!歌もほとんど全部一緒に歌えるので
もう、ひとりで盛り上がってしまって、ずっと見てしまった。
DVDは全部で3枚あって、2枚がライブ映像。
残りの一枚はおまけみたいな感じで
ライブの裏側だったり、3Dの映像だったり、ちょっとした特典映像なのだ。

東京ドームで、時々観客が映ると、本当に幅広い年代の人がいて
子どもから、かなり年配のかたまで。
また、男性も結構おおい。
すごい盛り上がりを見せていて
私はコンサートには行ってみたいけども
あんなにずっと元気に盛り上がっていられる自信がないので、無理だなあって思ってしまった。

ま、いいや、DVDで何度も盛り上がれるから。(^_^;)
SMAP最高!!
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-10 01:04 | Comments(4)

FNS歌謡祭

午後7時から始まって、たった今、AIが、歌っている。
色々な人の最新の歌がまとめて聞けるのが、この歌謡祭のいいところだな。

途中、懐かしい映像と音楽が流れると、ついつい、一緒に口ずさんでしまう。

新しい曲でも、結構口ずさめる自分がいるのがちょっとうれしかも。

というのも、今日点字点訳サークルで
私とさして年が違わない人が
「もう最近の歌なんて、さっぱりわからん、演歌がいいなあー。」って言っていて
ビックリしたのだった。

まあ、歌の趣味も色々だから、それをどうこう言うつもりは無いけど
演歌・・・かあ・・・・

FNS歌謡祭をビデオにとってあるので、これで新しい歌も覚えて
次回、小春ちゃんとカラオケに行く時には、ガンガン歌うようにするぞ!!
小春ちゃん、いつ行く??
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-06 21:36 | Comments(2)

法事

夫のお母さんの17回忌。

今回、夫の兄弟とその連れ合い、全員が集まった。
これは、快挙な出来事なのである。

どこの家でも多かれ少なかれ、いろいろとあるものだけど
夫と私の結婚式の時、式場で、夫のお姉さん(長女)と、夫のお兄さん(長男)の嫁さんとで
どちらの夫婦が一番上に座るかで、おおもめに揉めていた。
神主さんが仲裁に入ったという、恐ろしい出来事が・・・

そして、夫のもう一人のお兄さんは、(これは後でその現場を見ていた友達に教えてもらったんだけど)
式場の外で、もうじき式が始まるという時に
「俺なんか、ここにいたってしょうがないんだ!」なんて大声で言って
帰ろうとして、親戚の人たちが羽交い絞めにして、なだめていたという・・・

そして、それ以後、兄弟全員が集まるということは無かったのだった。

お父さんお母さん両方の法事をなんどか行ったが
長男のお嫁さんは一度も顔を出したことがなかったし
次男も、「行く、行く。」と言いながら、一度も来たことがなかった。

なので、今回、次男のお嫁さんの顔を見たのも、十数年ぶりというわけ。

私は、とにかく、目の前で大喧嘩だけは見たくなかったので
「どうか、揉め事が起こりませんように!!」と真剣に祈っていた。

家の中でも、食事に行った先でも、なんとか穏やかに事が運び
無事に終了することができて、本当にほっとしている。

まあ、次男のお嫁さんが一緒に来ていたので
よかったのかもね。

次回は、平成20年の6月にお父さんの17回忌だ。
また、みんなで、平和に楽しく集まれたらいいね~~~!!(;^_^A
[PR]

by anzu-tushin | 2006-12-03 22:48 | 趣味・日常の話 | Comments(6)