O村先生の話

午後、リンクスで小学校の同級生と会いました。
くーちゃんと、マサト君。もっと大勢かと思ったら、私を入れて3人だった。(^_^;)

マサト君はリンクスをよく利用しているようで、顔が効くみたいで
係りの人と打ち合わせをする時に、支配人(?)の方がいらしてごあいさつ。
コーヒーに加えて、小さいケーキの盛り合わせも出てきたぞ。

日にち、時間、部屋、メニューなどをどんどん決めていった。
それで、内容を先生にも言わないとね、という話になったら
マサト君が「今から先生のとこに行こうか?」と言いだした。
で、電話をかけて、OKということで、3人で先生のご自宅へ。

O村先生の息子さんが、マサト君の仕事の部下なのだそうで、お宅もよく知っているらしい。
くーちゃんも、先生の家に行ったことあるって。
私は今まで一度もO村先生の家には行ったことなかったのよね。

先生は思ったよりも元気そうでした。
前クラス会をしたのが、17年前ということ、つまりそれ以来私は会ってなかったので
17年ぶりの再会となったわけ。(年賀状は毎年出しているけどね。)

先生の家に向かう車の中で、私は「あー、先生絶対、“あんずー!太ったな。”って言うよね~。」と言っていたのですが
先生は、さすが、教育者。
言葉を選んで「おまえ、ずいぶん元気そうになったなあ。」とおっしゃいました。(^_^;)

そして、その言葉を、私たちがそこにいた3,40分の間に3回もおっしゃいました。あはは!

さてさて、4月29日、楽しみです。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-29 22:27 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

冬のドラマ

冬のドラマ、今見ているのは、TBS系「冬のサクラ」と、フジ系「コントロール」の2本だけです。

「冬のサクラ」は、草なぎ剛君が主演しているので見ていますが
今のところ、高島さんの不気味さぶりが目立っていて
ひと昔前にはやった「冬彦さん」を彷彿とさせるような不気味さです。
(冬彦さんとはタイプが全然違いますけども)
これから、ツヨポンと、今井美樹さんがどうなっていくのか、楽しみです。
ちょっと音楽が大げさすぎるのかなと感じています。
もしかしたら、だんだん慣れるとそれが良い感じに思えてくるのかも知れませんが。

「コントロール」は、ゲゲゲの女房で大ブレイクした松下さんが主演。
女刑事と、大学の教授という組み合わせが、以前ヒットした福山さんと柴咲さんのドラマと大かぶり。
藤木さんの大学の心理学の教授が、犯人ではないかと思しき人に言う言葉の中に
「ほら、今首の後ろに手をやったから、それは嘘をついている証拠。」みたいなことがあり
“いちいちそんなことを、言うかなあ?”と不自然に思うこと多々あり。
なんだかなあ・・・と思いながらも、その時間他に見たいものもないので
つい、見ちゃってます。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-26 10:53 | Comments(0)

方向音痴の本領発揮

今日、免許の更新で、豊川の「東三河運転免許センター」へ行った時のこと。

私は優良ドライバーなので、前に行ったのは、5年前。
「東三河運転免許センター」まで無事に行きつけるのか、とても心配だった。
大分前から私が「更新行かなきゃいかんけど、大丈夫か心配だな。」と言っていて
夫が「大丈夫だよ、行けるよ。」と言い、
私が「ずーっと行って、左に曲がって、またずーっと行って、ケンタッキーのところを右で
また、ずーっと行って、左だよね?」と確認。
夫が「うん、そうだよ。」と。

しかし、夫は、今までに何度も私の驚異的な方向音痴の姿を見ているにかかわらず、
私の方向音痴を甘く見ていたのだった。

ジャジャッジャーン!!

案の定、やってしまったのだった。
誰がどう考えても、間違えようが無い道のりだ。それはわかっている。

ずーっと行って左に曲がってから、あちこちで工事をやっていて
だんだん不安になってきた私。
とある交差点で、ふと左側の角をみたら、派手に工事をしている一角が。
「あれ?もしかして、ここ、ケンタッキーがあった場所で、工事しているのかも・・・。」と
思ってしまったから、さあ大変!
そこで、右折してしまった。

しばらく走って間違いに気付いたけど、もう遅い。
もときた道を戻ればよかったのに、「こっちへ行けば目的の道路へ行けるかも。」と
よせばいいのに、さまよってしまった。
さあ、だんだんと訳が分からなくなってしまった。(いつものパターン)

そこで、探し物の時に使った「ニンニク、ニンニク!」と叫びながら
怪しく車を運転するオバハンが一人。
なんと、変な方法から、ケンタッキーを発見!
「おおおー!てことは、逆じゃん。どこかでUターンしてこないと!」
ニンニクパワーのおかげで、またも救われた私。(すごくないですか?)

予定より20分くらい余計に豊川の街をうろうろして、ようやく到着したのは
受付終了20分前だった。あぶなーい!ふうー!

しかし、このことは、夫には黙っておいた方がいいかしら?
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-18 17:28 | 趣味・日常の話 | Comments(4)

今日うれしかったこと

歌声ボランティア「ハーモニー」で、「ひかりの森」のデイサービスにおじゃましました。

椅子や車いすで参加される方が30人くらい。
同じ部屋でベッドに寝ていらっしゃる方が3人くらい。

紙芝居、手遊び、歌とプログラムが進んで行きましたが
歌をみんなで歌っているとき、ベッドで寝ていらっしゃる女性の利用者さんが
寝たままでも、こちらの方をじっと見て、口を一生懸命に動かしているのが見えました。
きっと、歌がお好きなのだなと思いました。
それで、「あそこで寝ていらっしゃる方も、大きな声で歌ってくださっていますねー。」
と、みんなに聞こえるように紹介しました。
(実際には大きな声は出されてなかったかも知れませんが)

そして、何曲か歌う間に、彼女の隣に行って一緒に歌いもしました。

活動の最後に、いつも「夕焼け小焼け」を歌いながら、利用者のみなさんと
握手をしてお別れするのですが、その時に、ベッドの女性に
「また、今度一緒に歌いましょうね。」と声をかけたら
その人が「今度は、起きて待っていますから。」とおっしゃったのです。
なんか、とってもうれしくなりました。
歌の力が、彼女の立ちあがる力になってくれるといいなと思いました。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-17 20:48 | ボランティアの話 | Comments(0)

「僕と妻の1778の物語」を見てきて

今朝、夫と映画「妻と僕の1778の物語」を見て来ました。

予告編を見るだけで泣けてきていたので、「悲しすぎたらどうしよう」と思っていたのと
テレビでの、この映画の特集で、「僕」が書いたSFのお話が映像ではさまってくる
というのを知って、
「話がそのためにぶつ切りになっていたり、その場面のために白けてしまたっり
するようなら、いやだな。」とちょっと心配していましたが
全くそんな心配はいりませんでした。
f0032434_17353222.jpg

確かに悲しいお話だけども、心の中が暖かくなるような感じでした。
今までの「僕シリーズ」と同じく、周りの人たちが次第に主人公の誠実さ、やさしさ
ひたむきさに影響を受けて、主人公を暖かく見守るようになっていきました。

特撮を使った、SFのお話の映像も、本編の話をじゃますることなく、違和感なく
組み込まれていたと思いました。

不思議なことに、主人公たちが涙する場面や、緊迫した場面よりも
ほんわか暖かい感じの場面で泣けてきました。(具体的には書きませんけど)

剛君の、年の割に子供っぽいところが、主人公のそれとよくマッチいていたな。
本人が「今回は泣こうと思わなくても、自然に泣けた。」と言っていた泣く場面も
もちろん素晴らしかったけども、彼の笑顔が、とてもよかったと、おばさんは思うのだ。

話変わって・・・。

私の一つ置いて右隣に、おひとりでいらした60代後半くらいの女性がいたのですが
この人が、映画が始まって30分くらいしたら、結構な寝息を立てて寝ていらっしゃる!!
いびきとまでは、いかないけど、かなり気になる。
すぐ隣だったら、ツンツンして起こしたいくらいだった。

しばらくすると、携帯のマナーモードの「ウィーン・ウィーン・・・」が彼女のバッグから
聞こえてきて、それが長い!
(まったくもう!携帯の電源切っておきなさいよ!)

次に、いよいよ節子が危なくなるとバッグをガサガサ・・・。ハンカチを出している様子。
(ハンカチくらい、先に出しておきなさいよ!泣けるってわかりきってるじゃん)

とまあ、いちいち気にしていると映画に集中できないので
「あー。もう、気にしない!!」ということにしたのだった。(-"-)
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-16 17:35 | テレビ・映画・舞台の話 | Comments(0)

葬式続きですが

昨日、同行の人のお葬式があり、参列しました。
そして、その会場内で、他の人から
「どこどこの、〇〇さんとこも、今日“忌中”の紙があった。」と話しを聞きました。

そこは、うちの遠い親戚なので、「え?まだ聞いて無いですけども・・。」と戸惑う。
もう2件同じ立場の親戚の人が近くにいたので、「どうします?」と相談。
とりあえず、連絡を待つかという話をして帰宅。

すると、家の留守電に、その家の方からお婆さんの訃報が入っていました。
他の二人と連絡を取って、すぐさま、とりあえずのお参りに行きました。

その家のおばあさん、94歳だったそうです。
亡くなる前の日まで、ちゃんと食事もとれていたそうです。
天寿をまっとうしたと言ってもいいですよね。

そのお婆さんのお通夜が明日、これは、夫が仕事から間に合いそうにないので
私が出席することになったので、5時からのレッスンのビバんちに連絡して
時間を早くずらしてもらうことにしました。

あさっての葬式には、夫に出てもらいます。

実は、夫側の親戚で、そろそろ・・・という人が、ざっと数えても3,4人いらっしゃいます。
どうしましょうねえー。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-11 23:00 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

「味いちもんめ」と「任侠ヘルパー」

年明けに、大好きなSMAPのメンバーのドラマ、しかもSP版を2本も見ることができて
とっても幸せな私です。

「味いちもんめ」は、新春のふさわしく、笑えて、ジーンときて
華やかな料理を目にすることもできました。
そして、なにより、元気な中居くんを見ることができたなあ。
もちろん、印象と真反対な「砂の器」とか、「白い影」とか、「私は貝になりたい」
などもいいけれど、私は、バラエティーで場を上手に盛り上げたり
コメディーを嫌みなく演じられる中居くんが好きなので、「味いちもんめ」が最高に良かった。

これ、「釣りバカ日誌」みたいに、毎年の正月映画にしてくれてもいいんだけどなあ。

「任侠ヘルパー」は、いつものツヨポンとは全く違った人格の彦一、かっこよかったし
かっこ悪かったし、痛そうだったし、悲しかったし、うれしかったし。
ただ、結局、翼会と、鷲津会は、どうなったのか、よくわからなかったし
連続ものの時のスカッと感が、ちょっと足りなかったような気がします。
ドラマ直後に流れた「僕と妻の1778の物語」のCMのツヨポンとの落差が激しくて
やはり、すごい役者だよねーと改めて感心した。

じゃあ、もう、これも、正月映画にして、毎年2本立てで上映ってどうですかね。
あ、会社が違うから無理かな。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-10 10:31 | Comments(2)

本当に効いた「ニンニク」のおまじない

通帳を探して三千里・・・・。

今日は、午後暖かくなったし、夫も仕事で居ないので
家の中で大声出しても大丈夫と思い、通帳の入った箱の捜索を始めました。

ネットで調べたり、友達に聞いた方法を順にためそうと思いつつ捜索開始。

まずはじめは、「ニンニク、ニンニク!」と大声でいいながら探す。
大真面目に「ニンニク、ニンニク!」と言いながら寝室にある引き出しという引き出しを
「ここ、何回も見ているけど・・・。」と思いながらも探した。

衣類が入れてあるたんすの一番下の引き出しを
「ここも見たけどなあ・・・。」と思いながら「えーい、ニンニクゥ!」と言いつつ明けると
ジャジャーン!!出てきた~~!!
あった、あった!ありました!!

おお、ニンニクパワー恐るべし。
もちろん、偶然なんでしょうけども、今まで何日も必死で探して見つからなかったのに
捜索開始から20分くらいで見つかったんですよ。

しかも、捜索している間に、前から探していた「ブックエンド」「粘着式のフック」
「扇風機カバー」などが出てきて、「あれえ?こんなところにあったの?」と(@_@;)。

まあ、とにかく、よかったです。ほっとしました。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-06 15:55 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

「ひだまり」で、中学のクラスメイトと新年お茶会

今日、中学の時のクラスメートと集ったお店。幸田町の「hidamari(ひだまり)」。
素朴な感じで、食器もスプーンも、小物類も自然物ぽい感じで、落ち着く感じの店でした。
よく知らないと、気づかずに通り過ぎそう。
f0032434_19531691.jpg

f0032434_2053992.jpg


店内は狭く、席数も少ないので、大勢でわいわい来られたら困るだろうなと思いますね。
S君の家のすぐ近くで、彼は常連さんらしく
店の人が、私たちに「同級生なんですかぁ?楽しそうでいいですねー。」と言いました。

いつもだけど、結局何を話したのか、わからない感じの、ごちゃごちゃの会話をして
2時間ほど、そこですごしました。

出た話題は・・・

・グルーポン・ポンパレの話(私とS君)

・バナナスタンドにバナナをつるしておくと、あまり時間がたち過ぎると
 バナナが皮一枚でぶらさがっていることがある、という話。

・クラス会をそろそろやらないか?って話。

・ブルーレイレコーダーが欲しいねえという話。

・白髪染めは、どこのが良いのかって話。

・リンクスの中華バイキングがおいしくてお値打ちという話。

・ドトールは、コーヒーよりもココアがおいしいって話。

・同年会のバス旅行の時、私は日本舞踊の司会してて、行け無かった話。

などなど。
楽しかったな~~。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-04 20:05 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

探し物はなんですか?見つけにくいものですか?ウフッフー

ああ、どうしよう。困った。

実は、もうかれこれ1カ月以上探しているのですが、見つからないのです。

なにがって・・・。
私の通帳をまとめていれていたピンクの箱です。

元々は、台所の食器棚の一番上に入れていました。
その次に、「ガラス戸だから、あぶないかも。」と、木の扉のある棚に移しました。
ずっとそこに入れてあったのですが
去年の夏。あることがきっかけで、2階のたんすの中へ移動。
そこは、本当に一時的にして、またすぐに木の扉のある棚に戻すつもりでした。

それが、中の通帳が必要になって、「あれ?そうそう、2階のたんすの中だっけ。」と
探しに行ったら、思ったところに無かったのですよ。

「あれ?ここに入れた後、いつまでもここに置いておいてはだめと思ったんだっけ?」

もう、そうなったら、思い当たる場所を、どこを探しても出てこないんです。
今、「もしかして、ピンクの箱から、違う入れ物に入れかえたっけかあ?そんな記憶ないけど。」と
自分の行動にも自信がなくなりました。

さっき、とうとうネットで、探し物のおまじないを検索してしまいました。

「ニンニク、ニンニク」と言いながら探すと見つかる・・・とか
ヤカンをひもで縛って、「見つからないとほどいてやらないよ!」と脅すとか。

うーん。明日、夫がでかけたら、試してみようかな。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-01-03 20:08 | 趣味・日常の話 | Comments(0)