小学校の恩師とともに(4月29日)

昨日、4月29日(金・祝)に、小学校5・6年を担任していただいた、O村先生をお招きし
リンクスで、「O村先生の喜寿を祝う会」というのをしました。

生徒は、男性8名、女性6名が集まりました。
もっと多くの人に来てもらいたかったけど
遠くは神奈川から駆け付けてくれたアマノ君とか
名古屋から久しぶりに来て、蒲郡駅前がずいぶん変わったと驚いていた人とかいましたからね、
まあ、よかったですよね。

大きく成長した私を見て、みんながどんな反応するかがとても心配でしたよ。
日頃会っている人はもうわかっているからいいけどさあ。

会場でどのように席に座ろうかとみんなで決めかねていたら
O村先生が「じゃあ、誕生日の早い順に座れ。ここが4月、5月。」と決めて行ってくれました。
(54歳、55歳にもなって、先生に決めてもらうってのも、どうかと思うけどねえ。(^_^;) )

私の席の近くには、キミちゃん、マユミちゃん、タツハル君がいました。
タツハル君とは本当に久しぶりだけど、彼、「みんなすぐわかるよ。」と言いました。
私がすかさず、「ほんと?こんなになってても?」と言ったら
「それくらいのほうが健康そうでいいじゃん。」と、やさしいお言葉。(なんていい人なの)

それに引き換え、幹事のマサト君は、先生にお花を渡す時に
私を呼び出して、「先生に渡して。」と言ったあとに
みんなに向かって、「えー、あんずさんが、とても太られたので・・・。」と。
バッカじゃないの!!なんで、そんな余分なこと言うかなあ・・。
見りゃ、わかるんだから、わざわざ言わずとも!

仕方なく、私は、「すみませーん。こんなになっちゃって。へへへ。」と言うほか無く・・・。

それはさておき、先生は打ち合わせで、お宅におじゃました時よりも、もっと元気になっておられて
うれしかったです。

先生はとても記憶力がよいので、その場にいた生徒たちの昔の話を次々と披露してくれて
びっくりしたり、笑ったり。

生徒の方からも
「先生とした交換日記をいまだに持っていて、改めて読むと涙が出て来ます。」というマユミちゃん。
私も、交換日記、いまだにもっているのよね。なので、マユミちゃんと
「あれって、宝ものだよねー。」と言い合いました。

私の場合、ほんとうにくだらないことばかり書いていたので、先生の赤ペンのことばも、冗談が多くて、
読み返しても、あきれるだけで、涙が出るということは無いと思うけどね。(^_-)-☆
また、引っ張り出して、読み返してみようかな。今度は泣けるかも?

2次会のカラオケでは、割とみんな「歌は・・・ちょっと・・。」という控えめな人が多くて
結局、一番手は私になってしまったわ。
すると、「さすが、どんぐり音楽会だなー。」と
小学6年生の時に、私がCBCの「どんぐり音楽会」に出たのを、みんな覚えていて
そんなことを言われました。
さらに、「お前、納屋橋まんじゅう、もらった?」とかね。(笑)

みんなが、あんまりさっさと曲を予約しないので、いつの間にか
私が「はい、〇〇君、なに歌うの?」と、半分おどし(?)、言われた曲を本で探して
番号を入れるという係りになってしまいました。

先生は、「お前たち、新しい歌ばかり歌うもんで、俺が歌える歌が無い。」と言いだし
ご自分が歌われたのは、石原裕次郎の歌でした。(何の曲だったか忘れちゃった。)

みんなが歌っていたの、私たちにとっては新しい歌ではないけど
やはりそこが年代の違いね。先生の喜寿のお祝いなのに
ついつい先生が77歳だということを忘れてしまっているのね。(^_^;)

それで、最後は、みんなで「上を向いて歩こう」を歌って締めました。

前回先生の退職をお祝いして集ってから17年ぶりに集まって
なんか、時の流れを感じることもあるし、逆に、なにも変わっていないということもある。
とても楽しかったな。
今度は17年ぶりとか言ってないで、もっと短い期間にまた集まりたいなと、個人的には思います。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-30 21:51 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

新手の貴金属買い取り業者がやってきた!

以前は多かった下水道の掃除とか、土地活用とかの件のセールスにかわって
ここのところ、「貴金属のリサイクル」の訪問が増えていますが、

さきほど、「はああ?」となるような人がきました。

黒いスーツに黒いネクタイ、一瞬、葬祭関係かと思いきや
「わたくし、名古屋の〇〇リサイクルというものですが・・・。」と
手に持ったクリアファイルに、MRIなどの医療機器の写真があり
そこに、なぜか、「子供たちに医療を!」みたいな文が踊っている。

黒男「MRIなどの医療機器にはレアメタルが使われているのですが。」

私「はい、知っています。」

黒男「中国からもレアメタルが入らなくなってきていまして。」

私「はい、それも知っていますけど。(それが、リサイクルとどういう関係が?)」

黒男「それで、お宅でもう使われていないような・・・。」

私(ん?携帯電話とか出せっていうのかな?)

黒男「貴金属がございましたら、ぜひご協力していただきたく。」

私「はははっ!うちはそういうのないので、失礼します。」と笑いながらドアを閉めた。
黒男も、なぜか笑ってた。(怖っ!)

レアメタルと全然関係ないじゃん!
子供も、全然関係ないじゃん!
わけのわからん理屈を出してきて・・・。

子供たちのためになるなら、と、切れた金の鎖などを出してくる人がいると思うのだろうか?
ああ、いるかも知れないよね。なんか、許せないわ。(-"-)
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-25 18:03 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

あんずだより その2

我が家の果樹園のあんずに、かわいい実が、たったひとつだけなりました。
f0032434_1920974.jpg

夫が「あんずの実がついとるよ。知っとる?」と言うので
見に行くと、あらら、小さいねえ。
これ、鳥が食べたり、通りがかりの人が採ったりしないだろうかしら?
大きく育っておくれねー。

ついでに、ブルーベリーには、つぼみが!!
ブルーベリーは4本くらいあるのかな。
実がなるかどうかは、お楽しみ。
f0032434_1922199.jpg

[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-24 19:22 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

虹だ〜!

f0032434_17535524.jpg

陽が照っているのに雨が降っているので
もしやと思って外を見たら、予想どおり大きな虹がでていました。
なんかうれしい。


急いでアップしたくて、携帯からアップしましたが
以下の写真は、同時刻にデジカメで撮影したものです。

私がこんなにきれいに虹を撮影できたのは、初めてかな。
f0032434_1859949.jpg


もういっちょ、ズームして撮影
f0032434_18593935.jpg


きれいですよね。(*^_^*)
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-24 17:53 | Comments(0)

久しぶりに賞品ゲットしました!

なにも頼んだものが無いはずなのに、宅配便のおにいちゃんが来たので
なんだろうと思ったら、mixiのアプリ「ほろよい部屋」のオープン記念に
応募したものに、当たったということ。
f0032434_1247596.jpg


「ああ、思いだした。そうだった、応募したんだった。」という程度の認識。

最近、ネットでやることが多すぎて、疲れてしまうので
その「ほろよい部屋」は、放置・・・・→削除 してしまっていたのです。

「本当に当たるのね、当たるのなら、削除しちゃって、ごめんなさい。」という気持ちです。

よくある応募のルールで、途中で削除・退会した場合は権利が消失します、というのがあるけど
これ、もらっちゃっていいのですよね??

もう届いちゃったし、箱を開けちゃったし。

同封されていた紙に
「あなたとマイミクにほろよい<アイステイーサワー>プレゼント ご当選のお知らせ」
と書いてあったけど、マイミクにも同じものが届いているのかな?
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-23 12:48 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

「追悼のしおり」に書かれた言葉

先輩のK先生のお母さんのお葬式に行ってきました。

家に帰ってきて、“お非時”を開けて見て見ました。
コーヒーや紅茶、ナッツが入っていました。
そして、お葬式でよくある、あいさつの書かれた紙が入っていました。

「はいはい、いつものね。」と思いながら、まあ、ゴミ箱に入れようとしたその時
それが、“よくある”挨拶の文では無いことに気づきました。

冒頭に
「おかあさん、本当にありがとう」と書かれていたのです。
びっくりして、よくよく読んでみると
そこには、お母さんへの思いが、素直に、心をこめて書かれていました。

それを読んでいて、知らず知らずに涙がこぼれていました。

勝手にネット上に書いていいものか、良心が痛みますが
ちょっとだけ、抜粋してご紹介させてください。

「おかあさん、本当にありがとう」

今でもふと思い出すのは、シャーシャーと家の中に

小気味よく響いていた編み機の音。右へ左へ母の手が

動くたびに少しずつ編み上がって行く様子を見て

次はどんな可愛い柄のセーターが出来るんだろうと

わくわくしたことを今でも覚えております。

何着も編んでもらったセーターのぬくもりは、そのまま

幼き日の暖かい思い出・・・。振り返れば、母の愛情とやさしさが

改めて胸にしみいり、感謝の念が込み上げてなりません。


後半は、孫の面倒をよく見てくれたことなどが書かれ・・・

作りかけのパッチワークも目にとまり、言いようのない寂しさを覚えますが、

見守る母に心配をかけぬよう、これからも父を支え、家族仲良く励んでまいります。

と結ばれ、あとは、「お世話になった皆様へ~」と続いていきます。

今まで、数々の葬儀に参列してきましたが
このような心のこもったあいさつ文を目にしたのは、はじめてのことです。
素晴らしい親子関係だったのだなと思いますし
このような気持ちをきちんと表現できるK先生は、(前々から素敵な人だと思っていたけど)
やっぱり素敵だと思いました。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-19 16:48 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

先輩のお母さんが亡くなりました

保育園の先輩・K先生のお母さんが亡くなり、通夜に列席してきました。

Kさんは2学年上の先輩で、私が保育園に勤めていた時とても仲良くしていただいた人。
家も、町内にあり、よくおじゃまして、一緒に御飯もいただいた。

私が結婚して保育園をやめてからは、なかなかそういう交流ができなくなってしまったけど
おばさんとは、同じ太極拳教室に通っていたので、しばらくは週一回会っていた。

でも、おばさんが太極拳教室にこなくなって、本当に行き来がなくなってしまっていた。

日頃の忙しさにまぎれてしまって、よくよく考えてみたら、10年以上おばさんの顔をみてなかったような。

久しぶりに見たおばさんの顔は、とてもやせていて、別人のようだった。
通夜の席で、おじさんを見かけたけど、10年会ってなきゃ、年を召されていて当たり前だよね。
K先生の息子さんも、娘さんも当たり前だが、しっかりとした大人になっていました。
だって、こっちだって、昔からくらべたら15キロくらい太っちゃったんだしね。

こんなご無沙汰していた私に、K先生は「あんずちゃん、ありがとうね。」と言ってくれました。
なんか、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

明日の葬儀にももちろん、行くつもりです。
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-18 23:47 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

歌声ボランティア「ハーモニー」の練習日だった

今日は午前中、歌声ボランティア「ハーモニー」の練習日でした。

起きた時からちょっと体のあちこちが痛かったけど、頑張って出かけました。

紙芝居の練習はまったく問題なかったけど
フラダンスの練習は、ちょっと辛かったな。

でも、先月体調不良で一度も練習に参加できなかったら
フラダンスの振付が進んでいたのだった。(@_@;)

あらら、こりゃ大変だ。
家でDVDを見ながら練習しなくては!

家に帰ってご飯を食べたら、ただちに電話を留守電にして
2階に上がって、本格的に昼寝をしました。

そのおかげで、夜の中1生の英語レッスンは、無事に元気にできました。
よかった、よかった。(*^^)v
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-13 21:54 | ボランティアの話 | Comments(0)

フォーク 黄金時代 DELUXE 50

生協のチラシに載っていたCD、「フォーク 黄金時代 DELUXE 50」
(生協価格:3,781円)
曲目をみたら、大好きな歌がいっぱい入っていたので、購入しました。

f0032434_1083540.jpg


昔、このへんの曲を集めた「フォーク・ニューミュージック大全集」というような
カセットテープ(たしか、6巻か8巻組だったように思うけど)を持っていました。

さすがに、カセットテープでは、老朽化が激しく、また、箱が壊れて
バラバラになってしまって、今ではどこに行ってしまったやら。

今回購入した「フォーク 黄金時代 DELUXE 50」
すごくいいねー。
短大時代に、学祭とか、寮でとか、人形劇クラブの集まりでとか
みんなで輪になって、ギターのうまい人が輪の中央で弾いて
肩組んで歌をうたった、あの頃が蘇ってきます。

収録曲目をご紹介しますね。

DISC1
神田川、結婚しようよ、あの素晴らしい愛をもう一度、22歳の別れ
サボテンの花、岬めぐり、精霊流し、花嫁、誰もいない海、ふれあい
僕の胸でおやすみ、翼をください、遠い世界に、マキシーのために
あの唄はもう歌わないのですか、白いブランコ、赤ちょうちん

DISC2
なごり雪、妹、さらば青春、学生街の喫茶店、結婚するって本当ですか、戦争を知らない子供たち
白い色は恋人の色、愛する人へ、雨の物語、ほおづえをつく女、夏の少女、風をあつめて
加茂の流れに、風の街、白いギター、好きだった人、海岸通

DISC3
冬の稲妻、安奈、恋、わかって下さい、「いちご白書」をもう一度
想い出まくら、どうぞこのまま、20歳のめぐり逢い、酒と泪と男と女
ささやかなこの人生、落陽、サラダの国から来た娘、青葉城恋唄、赤とんぼの唄、
夢一夜、Follow Me

タイトルだけでは「ん?どんな歌だっけ?」と思うものもあるけど
聞いてみると、「ああー、これね、知ってた知ってた。」という曲もあります。

小春ちゃんとカラオケに行くと、なるべく新しい歌を歌うようにしているけど
次回機会があったら、フォーク歌いまくりというのもいいなと思っています。(*^^)v
[PR]

by anzu-tushin | 2011-04-10 10:08 | Comments(0)