亀田製菓「技のこだ割り」

最近、近くのコンビニに行くと、つい、買ってしまうのよ。
一度食べたら忘れられない味って、こういうことをいうのね。

f0032434_083040.jpg


おかきを、わざとランダムに割ってから、たまり醤油で味付けしてあって
なんか、濃い味だけど、辛すぎず、コクがあるというか、とにかく、すごくおいしいです。

これって、コンビニ用の、小袋なのかな?
もしかしたら、スーパーなどで、大きい袋のも売っているのかも知れないけど
食べ過ぎ注意の私にとっては、ちょうどいい量だと思います。(52グラム入り)
[PR]

by anzu-tushin | 2012-04-28 00:12 | お菓子/ドリンクの話 | Comments(0)

大人向け定例講座 顕微鏡の世界 1回目

蒲郡市生命の海科学館で、大人向け定例講座「顕微鏡の世界」に参加してきました。

今回を含めて全6回の講座です。

10名定員だったところ、7名の応募があったそうです。
そのうち、今日参加したのは5名。

初めに講師の川上先生から、「みなさんが、この講座に参加しようと思った動機を教えてください。」ということで、全員がひとりずつ、簡単に自己紹介を兼ねて話しました。

Y崎さん(男性)・・・子供のころからミクロの世界に興味があった。50歳を過ぎて、好きなことをやりたいと思った。

女性(名前忘れた)・・・なんと、この方、名古屋から参加。娘さんが子供の顕微鏡講座に参加しており、どんどん上達したり、色々なことを学んでいっているのに、自分がなにもできないというのは、よくないと思って、子供に負けたくない、自分を高めたいと思って参加したと。

男性(名前忘れた)・・・常日頃から、生命の海科学館の講座に興味があり、他の講座にも参加経験あり。会社に半日休暇があるので、それを利用。

K山さん(女性)・・・自分の趣味(機織り)のために、埼玉から蒲郡に引っ越してきて9か月。顕微鏡に興味があり参加。

面白いですよね、みなさんそれぞれの思いがあって。

『実体顕微鏡』
この言葉初めて聞きました。学生時代に使った顕微鏡って、黒くて、片目で見るタイプだったのですが、今回使わせていただいた顕微鏡は、双眼鏡(?)っていうかどうかわからないけど、両目で見るタイプ。
電源をつないで、上からも下からもライトで照らせるんですよ。

この、両目で見るというのが、案外大変ということがわかりました。
まず右目で焦点をあわせて、次に左目だけで焦点をあわせて、両目で見るという。
それが、両目で見られないんですよ。^_^;
どうしても、右目でしか見られない。
「もしかして、これやって、重大な眼科の疾患が判明する、なんてことありますか?」と、真顔で聞いてしまいました。^_^;

しばらくすると、慣れてきて、目の幅にうまく二つの接眼レンズをあわせることができるようになり、めでたく、両目で見られるようになりました。ほっ!

☆本日観察したもの☆
(1)写真
  ・新聞の白黒写真
  ・チラシのカラー写真
  ・カレンダーのカラー写真
  ・新聞のカラー写真

(2)爪や指紋
(3)コインと紙幣の表面

一番面白かったのは、紙幣ですねー。
日本のお札の印刷の精巧さって、すごいですね。
肉眼では、ただの細い線にしか、見えないところに、実は
NIPPONGINKO・・・・・という文字がびっしり並んでいたりねえ。
すごく細かい細工がしてあるんですよ。

私は、「わー!すごい、こんな細かく書いてあるよー!」とか
「ニッポン銀行、主張しすぎでしょう。」とか
「野口英世の目が怖い~!まさか、フリーメイソンにつながる、なんかの印とかどっかに書いてないでしょうねえ。」など
ふと気づいたら、なんか、一人だけうるさかったみたいです。^_^;

次回は、自分が見たいと思うものを持っていく、ということです。
何を持っていこうかなあ。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-04-23 23:41 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

オルニ珍味

「ATARU」の番宣で『はなまるカフェ』に出演した、栗山千明さんが、おめざとして紹介していたもの。
ATARUの収録現場で中居君が差し入れしたもので、とてもおいしくて気に入って、中居君のマネージャーに聞いてお取り寄せまでしたって。

しじみって、よさそうでも普段なかなか口にしにくいから、これ、いいなって思って、私も取り寄せてみました。
小袋に4グラム入っているのが、大袋に15袋平均入っていて、お値段は大袋1個500円前後。

小袋一袋に、しじみ66個分のパワーが入っているそうである。ひまわりの種も入っている。

味は、結構濃厚。味付けに醤油、生姜、唐辛子、山椒が使われているので、ちょっとピリ辛。

肝機能に不安がある夫にも勧めてみました。
佃煮系が嫌いな夫なので、嫌うかと思いましたが、ふと気付くと3袋も食べてあったので、よしよしと思っています。
f0032434_905959.jpg

[PR]

by anzu-tushin | 2012-04-19 09:01 | お菓子/ドリンクの話 | Comments(0)

拾石川の桜とこいのぼり

今日はどしゃぶりの雨ですが、昨日はポカポカ暖かでしたよね。

昨日、形原眺海園へ、ボランティア活動に行く途中、拾石川を通りかかりました。

桜がきれいに咲いていて、夫たち地域ボランティアが取り付けた鯉のぼりたちが気持ち良さそうに泳いでいました。

f0032434_19372334.jpg

[PR]

by anzu-tushin | 2012-04-11 19:37 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

浜ちゃんの退任を祝う会

昨日、「浜ちゃんの退任を祝う会」に参加しました。
f0032434_13405872.jpg


浜ちゃん(女性)というのは、高校の時の先生です。
私は、2年生の時に受け持ってもらいました。
その当時、まだ教師になって2,3年だったようで、年も若く、とても親しみやすいキャラだったので、みんなに人気がありました。

3年生の時は、進路別にクラスが分かれていて、私たちのクラスと隣のクラスは、女子ばかりのクラスでした。
浜ちゃんは、隣のクラスの担任だったけど、なんか、私たちのクラスにもよくしていただいた記憶があります。

彼女がこの3月に完全に教師生活をやめるということで、そういう会をするけど、よかったら・・・という話を、前回の私たちのクラス会の時に、聞きました。
それで、なんと、私たちのクラスからは、15人という、本当の担任のクラスの子たちと同じ人数が集まりました。

他にも、人数の違いがあれ、全クラス(10クラス)から、全体で約80人があつまりました。

先生がわも、浜ちゃんだけでなく、浜ちゃんの1年後輩の女の先生2名も一緒にご参加されました。

同学年と言っても、なにしろクラス数が多かったので、同じクラスだった子以外は、ほとんどわからず。
特に男子はまったく、初めてお会いします・・・くらいの感じでした。
なので、なーんか、やはり、緊張するというか、どうふるまっていたらいいのか、とまどう感じもありました。

はじめ、先生ともなかなか挨拶すらできなかったのですが、クラスごとに、先生たちと記念撮影をするという時に、思いきって声をかけました。
「先生、覚えていらっしゃらないと思いますけども、私、〇〇(旧姓)です。」というと
「ああー!覚えているよぉー。あんたは、明るくて、いつも面白いことばかり言っていたよねー。」と言われました。うれしかった!!

ね、長い教師生活で、膨大な人数を受け持っていらっしゃるのだから、覚えてなくても仕方ない。
でも、覚えていてくださったというのは、ほんと、うれしいですね。

また、先生と以外に、会えて一番うれしかったのは、Rちゃんでした。
Rちゃんとは、2年生の時に同じクラスで仲良くしてもらってた子です。
Rちゃんは、とても個性的で、すごく面白い子だったので、なんか気が合ったんですよね。

修学旅行の時に、大仙のホテルで演芸大会というのがあって、それに向けて、二人でコントをやろうということで、練習したのに、私たちの前の出番の子たちが、男子と女子で、マジ告白をし出してしまって、それが大盛り上がりになり、長引いて時間がなくなって、私たちが出来なくなってしまった、ということがありました。

そのことを、Rちゃんに言ったら、彼女はすっかり忘れていたようです。^_^;

私が「Rちゃん、ほんとうに面白かったからさあー。」と言ったら
Rちゃんが、「いや、あんずちゃんのほうが面白かったよ。」と。
二人で、「いや、そっちのほうが面白かった。」と言いあうって・・・・。(笑)

高校卒業後、一緒に木曽路に旅行に行ったこともあったし、何度かは会ったけど
それ以後、大人になってからは、一度も会う事がなかったんで、今回会えてとてもうれしかったんです。

もっと話をしたかったけど、彼女、次の予定があるということで、先に帰ってしまったので、残念。

電話番号交換したので、また連絡取りたいと思っています。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-04-01 13:43 | 趣味・日常の話 | Comments(0)