夫のおみやげ~“いぶすきの秘密”

夫が九州旅行から帰ってきて、おみやげをくれた。

それが、「いぶすきの秘密」である。

なんだかなあ、ネーミングが怪しすぎるでしょう?(笑)

これは実は、化粧水です。
f0032434_20324928.jpg


温泉水を化粧水にしたもので、スプレーして使います。
その上から、普段使っている化粧水やクリームを塗るように、使い方に書かれていました。

私が「へえー。ありがとうね。じゃあ、これで、きれいになるかな!」と言ったら
夫は「うん。よりきれいになってね。」だと。^_^;

さて、昨夜洗顔後に使ってみたら、朝起きた時に、お顔がしっとりしていました。

今朝も使いました。
そして、今、夜8時過ぎ、まだ、しっとりしています。

本当に、いいかも!
[PR]

by anzu-tushin | 2012-05-30 20:38 | 夫の話 | Comments(0)

大人向け定例講座 顕微鏡の世界 3回目

5月21日(月)

大人向け定例講座 顕微鏡の世界 3回目に、参加してきました。

今回は、「生物顕微鏡」の操作方法を学びました。

前回まで使っていた顕微鏡よりも物が良いのかな。一台8万円くらいだそうです。

顕微鏡の使い方

(1) 機器に狂いを生じさせないように、振動は絶対に避ける。(戸棚からの出し入れに注意)

(2) もっとも大切な個所はレンズ レンズを汚れたものでふかない。

(3) 材料にはカバーガラスを必ずかぶせる。

(4) 対物レンズは、4× → 10× → 40× の順に。

(5) 接眼レンズが汚れた場合、ブロワーで表面のゴミを吹き飛ばし、次いで、キムワイプで軽くふきとる。

(6) 対物レンズに水がついた場合、キムワイプで軽くふきとる。

(7) 汚れがとれない場合は、70%アルコールで軽くしめらせたキムワイプでふき取る。

(8) カバーガラスの汚れの取り方は、親指と人差し指を使ってティッシュペーパーで両側からふき取る。
   (割れやすいものだから、片面からふくと、すぐ割れる)

(9)割れたカバーガラスは所定の入れ物に捨てる。

以上のことを注意しつつ、観察に。

カバーガラスを昔、バリっと割ったこと何回もあった記憶があるので、とてもおそるおそるの作業になりました。

最初に、「ヒトの頬の内側の粘膜細胞」を見るということで、自分の頬の内側を爪でこすって細胞を採取しました。
細胞ってこんなに簡単に取れるものなのねー。

「細胞膜」「核」とか、そうそう、昔理科の時間にやったよやった、という名前が出てきて楽しかった。

微妙なレンズの位置や、ライトの明るさ、対象物の位置などで、みやすさが全然違う。
先生が合わせてくれると、あら不思議、すごくよく見える。(^。^)

他の人が見ているものも、「見せて。」と言ってみんなで交換して見始めたり。

自分の頬の細胞を見るだけで1時間以上楽しめたという・・・。

次に、ヒトの血液のサンプル(先生が親戚の人に頼んで作ったそう)を観察。

赤血球、白血球がはっきりとわかりました。

さて、次回は、なにを見るのかなあ。

あ、次回は必ずデジカメを持って行って、見たものを写そう。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-05-23 11:37 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

玄関のカギ

夕方、町内の同じ組の組長さんの奥さんがいらした。
なんかの費用を集めにきたのだった。(何だったかは、忘れた)

ドアフォンの音で、私が玄関のカギを開けて、戸をあけたのだ。

お金を出して、渡すと、その奥さんが
「きれいなカーネーションが飾ってあるね。いいねえ。」とほめてくれた。
そして、帰られる時に、玄関を閉めながら
一言、「カギ、かってね。」と。

私は、心の中で「えっ?」と思いましたが、その時は「はい。」と答えて置きました。

なんで、わざわざ、「カギかってね。」と言うのか??

ああ、そういえば、この人だったな。
18年まえ、私がこの家に嫁いだばかりの時に、やはり組長かなんかで、我が家に来た時に、あとでわざわざ、主人のお姉さんに、それをチクったのだった。

おかげで、私は主人のお姉さんから
「アンタ!昼間から、玄関のカギをかっておくもんじゃないよ!あそこの奥さんが言っとったよ!
昼間から、カギかけてるなんてってね!」
と、怒られたのだった。

おかしな話ではないか。 ^_^;

あの奥さんは、いまだに、昼間からカギがかけてあるのは変だと思っているのかな?

一度、昼間から、見知らぬ男に家に入ってこられてみたらいいのだ。
そしたら、絶対にカギをかうようになるだろうに。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-05-17 22:09 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

大人向け定例講座 顕微鏡の世界 2回目

5月7日(月) 蒲郡市生命の海科学館にて
大人向け定例講座 顕微鏡の世界の2回目に参加してきました。

出かけようと思った時に、Dさんからメールが入り、バタバタしたので、ちょっと遅れてしまいました。

私が部屋に入っていったら、もう、みなさん、真剣に顕微鏡をのぞきこんでいました。

今回は、前回いらした名古屋からの女性が欠席で、かわりに前回欠席だった女性がきました。

手織場にお勤めの女性と、今回初めての女性が陣取っていた机に私も混ぜてもらいました。

今回はそんなわけで、男性ふたりの机と、女性3人の机にわかれていました。(^。^)

今日は、まず、講師の先生が準備してくださった植物の観察。

1.ハルジョオンの花のつくり  このとき、先生が、「この花は、ひまわりに似ていると思いませんか?」とおっしゃいましたが
  誰も返事をせず。^_^;  先生が「反応が悪いですねえ・・・。」と。
 
  いやいや、ひまわりとは、全然似て無いと思ったので返事できなかったんですけども・・・。
  また先生が、「花のつくりが、似ているでしょう?」とおっしゃったので、そういうことかと思い

  「本当だ!!、似てる似てるーーー!」と大げさに言ってあげました。→ 先生苦笑い

2.葉の表面と裏面 桜の葉の裏表、ヒラドツツジの葉の裏表、ヤエムグラの観察。

 ヤエムグラは、面白いですねえ。葉の表面に毛がはえているのですが、それが、マジックテープと同じ形。
 つまり、人間が、マジックテープを作る時にきっと、この植物からヒントを得たに違いないです。

3.シダの胞子嚢
4.蘚類の胞子嚢、苔類(ジャゴケ)の造卵器
5.砂の粒 桜島の火山灰 エジプトの砂漠の砂

次に、自分たちが見たいと思うものをもってくるように言われていたのですが
私は、ティッシュペーパーの、普通のやつと、松潤がCMしているやわらかいやつの違い。
そして、家にあった調味料(塩・砂糖・こしょう・七味唐辛子・焼きしょうが)を持参。

先生が、「ほー。調味料、いいですね。実はそれやろうかと思っていたんですよ。」と。 (*^_^*)ほほほ。

塩の結晶は、昔みたことあるけど、かわいらしいコロコロキューブ。
砂糖(グラニュー糖)も、キューブでした。
こしょうは、まあ、そりゃそうだよね、っていう感じ。だって、挽いてあるわけだからね。

松潤のティッシュは、普通のものに比べて、繊維が規則的にきれいに並べられており、キメも細かい。

『こぼれ話』
・初参加の女性、なんと、家にテレビを置いていないそう。子供さんも文句を言わないんだって。(@_@;)
そんな話をしていたら、手職場の女性も、さらっと、「うちも、テレビ無いですよ。」と。
なんたること!だからか、私が「これ、松潤のティッシュだよ。」と言っても、なんの反応も無かったのは!!

・先生が、植物の名前の由来について、話されて、その中で
「もっとも長い名前は、りゅうぐうのおとひめのもとゆいのきりはずしです。」と言われた時、はっとして
「それ、知っています。海の中のね・・・。なんだっけ、あ、アマモだっけ。」と言ったら
先生:「ア・マ・ナ」
私:「やられたー。間違っちゃった。」
先生:「いやいや、そこまで知っていたら、大したもんですよ。」 ほほほ(*^_^*)

実は、昔、蒲郡市民ミュージカルで、その名前出てきてて、それで知っていたんだよ。
確か、「アマモ」というと、セリフで言っていたのになあ。
後でネットで調べたら、「アマモ」とありました。私間違ってなかったじゃん!

・先生が、「ホウセンカの花ことばを知っていますか?」と言われて
私が「私にさわらないで!ですよね。」と言うと、「ほおー。よく知っていますね。」 ほほほ(*^_^*)

他の女性が「すごいですね、色々よく知っていますねー。」と言ってくれました。
「いやいや、たまたまです。何も深く知らないんだけど、たまたま知っていることを聞かれたから・・・」
ほんと、もしかして、先生と波長が合うのかも?

次回は5月21日です。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-05-09 19:45 | 趣味・日常の話 | Comments(2)

テルマエ・ロマエを見て来ました

夫は、「モモからの手紙」を見たかったらしいですが
前回、お正月に私が譲歩して、「山本五十六」を見に行ったので
今回は私は譲る気はサラサラ無く、「テルマエ・ロマエ」に直行しました。(^。^)

映画は、とても面白かったです。
ドタバタばかりの映画なのかなと思っていたら
そうではありませんでした。

古代ローマ人役の日本人俳優たちの重厚な演技が
真面目に演ずれば演ずるほど、おかしかった。
また、とてもジーンとくる場面も後半に多くありました。

ナンセンスだけど、無理なくストーリーが進んでいくという感じでした。
劇場のあちこちから笑い声が聞こえていました。

さて、うちの夫はというと、元々あまり興味がなかったせいか
日々の仕事の疲れのせいか、映画開始5分もたたないうちに、熟睡。

私がなんども肘鉄をくらわしましたが、あまり効き目がなかったみたいで
上映後に、「ねえ、どんな話だったか、わかってる?」と聞いたら

「風呂作っとった。」と。^_^;
はあああああーーーー。
[PR]

by anzu-tushin | 2012-05-04 19:12 | テレビ・映画・舞台の話 | Comments(0)