渡辺美里

17日に、生きがいセンターに行った時に、廊下に貼ってある「渡辺美里コンサート」のポスターを見た。なななんと、幸田町の『さくらホール』であるではないか。
これはすごい!と思い、家に帰って、夫が帰ってくるのを待って、こう、頼んでみた。
「ねえ、渡辺美里のコンサートが幸田であるんだけど、なんとかチケット取れないかなあ。」と。

夫は幸田町で勤めていて、町役場の人とも親しいらしいので、なんとか取ってもらえないかと言う下心だった。

夫は「ふーん、渡辺なんとかって、おらあ、知らんなあ。」と言った。
私が、「なにぃ?渡辺美里しらないの?あのねえ、西部球場みたいな広いところで、コンサートをするような人だよ。」と言うと・・・

夫:「さくらホールだって、広ぇーよ。」と言う。(@_@)
私は、あきれてしまった。
「球場と、さくらホールでは、規模が違うでしょ!それに、そういうことじゃなくて、私が言いたかったのは、そんな広いところにいっぱい客を呼べるほどの有名な人だってこと言っているの!」
と、ついつい、声を荒げてしまった。(;^_^A

まあ、結局チケットを取ってきてくれたので、許そうと思った矢先のこと・・・
私が、イトコの小春に誘いのメールをして、返事が返ってきたら
「小春ちゃん、渡辺なんとかのこと、知っとった?」と聞いたのですよー。
あったりまえじゃいっ!!
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-20 23:10 | 夫の話 | Comments(2)

子供のいる風景

生協の荷受の日は、我が家の庭が、急ににぎやかになる。

今日は、虎ちゃん、もえちゃんだけだったけど、いつもは、小さなこども3人と赤ちゃん一人がくるからだ。

風が冷たく、寒かったけども、子ども達がいてくれるおかげで、笑い声や話がはずむ。
「大人だけだったら、こんな寒い日には、あんまり話もしないで、黙々と作業するだろうねえ。」と言い合ったのでした。

こどもって、宝だなあーって、しみじみ思ったりして。
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-18 23:41 | Comments(0)

グルコサミン・コンドロイチン

先日、新聞折込チラシで、サントリーの「グルコサミン・コンドロイチン」のモニターの募集があったんです。
申し込んだ人の中から抽選で20日分のサプリをくれるっていうのでした。
“抽選で”と書いてあったって、そんなの、きっと応募者全員にくれるだろうなと思いつつ
応募ハガキを出しました。

そしたら、今日、届きました。
しかも、20日分と書いてあったのに、正規商品の30日分のボトルが入っていたんですよ。
中の紙に
「当選おめでとうございます・・・・中略・・・なお、「20日間お試しセット」をお送りするところ、今回あなた様に、より一日で長い期間お試しいただき、私どもの健康食品のよさを実感していただきたく、誠に勝手ながらご希望の商品をそのまま1本(1か月分)送らせていただきました。・・・」
ですと。

たぶん、誰にでもそういう感じでやっているんだろうなって思うけどね。(;^_^A

でも、まあ、サントリーだし。いかがわしいものではないと思うのでね。安心していますけど。
1ヶ月後にアンケートに答える義務はあるみたいです。
さて、せっかくもらったものだから、今日から飲むかな。
f0032434_22332165.jpg

[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-17 22:33 | Comments(4)

忙しかったぁ・・・

久々に、とても忙しい一日でした。

(午前10時から12時)
形原専称寺にて、茶の間の会の、「茶の間フェスタパート2」の時の“みんなで歌おう”のコーナーのための、歌の練習。
Tさん、Sさん、Kさん、Oさん、Nさん、と、私。

(正午~1時ちょい過ぎ)ミヤタでランチ(待ち時間多し)、Tさん、Nさん、と、私。

(午後1時20分ころ~3時近く)
茶の間の会の、会員宅で、茶の間フェスタの案内状の宛名書き&キャンドルの周りの布のアイロンがけ。

Tさん、Kさん、と、私、ほか男性会員3名、女性会員1名。

(3時から4:30)
歌声ボランティア「ハーモニー」の練習。生きがいセンターにて。
2月26日に田原である、「東三河ボランティア集会」での発表の練習。
紙芝居、歌、ゲーム。

それらが終わって、家に帰り、「はああー、疲れた~!」とコーヒーと昨日の残りのタイヤキ食べて・・・
(5:30~7:00)
中2生の英語レッスン。

その後、晩御飯の支度をしていたら、ピンポーンとドアフォンの音。
出てみると、親戚の男性(夫のいとこ)。
「○○さん、おるかん?」と夫の名前を言う。
「え、さっき、私が仕事している時に、いったん帰ってきたみたいですが、どこかに行ったみたいです。」と答えると
「じゃあ、△△さんとこに行ったのかな。」という。△△さんとは、夫のおじさん。90歳越している。
「え、△△さん、どうかなさった?」と聞くと
「△△さんのおばあさんから、電話があって、おじいさんが、風呂にはまって、出れなくなってしまったから、たすけてくれ、というが、わたしゃ、腕が痛くて人をさげれんもんで、○○さんに一緒にいってもらおうと思って、寄ったんだけど。」とおっしゃる。
「えー、じゃあ、もしかして、夫はその連絡をうけて、行ったのかもしれません。」と答えた。

それから、10分後、夫が帰ってきたので
「ねえ、どうだった、おじさん、大丈夫だった?」と尋ねたら
「はあ?なに?。俺いま、眼鏡屋に行って来だよ。」と言う。
えーーーー!!
事の顛末を話して、とりあえず、△△さんのところに行ってもらった。
だって、まだ風呂から出れない状態だったら大変じゃん。

そして、30分くらいして、夫がもどってきた。
「もう、風呂からは出ていた。おばあさんが、風呂の栓を抜いて、水で冷やしたら、意識がはっきりしただって。」ということだった。
風呂にはまってというのは、意識がなくなって風呂からでれなくなったということだったのだ。

どっちみち、怖いことだよね。90越えている人ですからね。
おばあさんも、80越えているし。
たった一人の息子さんは、転勤で、長野県にいるし。

夫は、電話帳の一番上に、自分の携帯番号を書いて
「なんかあったら、ここに電話して。」と言ってきたそうです。

最初にうちにきた夫のいとこさんは、蒲郡の中心部の方にすんでいるのだから
かけつけるまでに、自動車でいそいでも、10~15分はかかるところにいるんだよね。
おばあさん、よほどあわてていたのだろうな。
あるいは、夫はまだ仕事中だろうと思って、そちらのいとこの人に電話をしたのかもしれないね。

結局、それから、晩御飯を食べたってわけ。
なんか、忙しい一日だったわーーーー。
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-17 22:16 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

輪舞(ロンド)

今日から始まったドラマ。竹野内豊と、チェ・ジウの競演で話題沸騰!っていうやつ。

ただ今開始から、約1時間たちました。

最初は、竹野内豊のお父さんが刑事なんだけど、悪の組織に殺されるところから始まって
何十年後に、竹野内が大人になって、刑事になって、その悪の組織に潜入捜査をしている。

訳ありの韓国人の姉妹の姉がチェ・ジウ。

チェ・ジウが、バーで(なぜか)バイオリンを弾く仕事をしていて、その店の人が
ちゃんと約束通りの給料を払ってくれないで、もめて、店の人に押されて
大きな鏡にぶつかって、あわや!というところを、“たまたま”居合わせた竹野内に助けられた。

数日後、チェ・ジウが、犬を拾って、その犬を育てようとするんだけど
その犬が、“たまたま”竹野内が、その近くのペットショップに預けていて、ペットショップの人が
逃がしてしまった、その犬だった。
で、チェ・ジウが、犬のえさを買いにそのペットショップにきたら
竹野内もペットショップにきていて、犬がいなくなったのを、似顔絵を書いて(書いていたのは、ベッキー)探そう、と言っているのを
チェ・ジウが見て・・・・

あのさあ、まあいいけどさ。結構無理ある出会いじゃん?

今は、悪の組織の親玉が、なんか、演説している。
あ、速水もこみちくん、登場。
悪の親玉を誘うとしていたオヤジを竹野内が、身をもって阻止。親玉に気に入られた様子。

あー、まあいいや。まだ、続いています。
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-15 22:14 | Comments(2)

たんじょう日(月)回転寿司

岡崎の大漁亭から、誕生日お祝いハガキが来ていて、それを使って食事をしてきました。
今日は気合を入れて、早めに、家を4時30分に出発して、大漁亭に5時15分頃に到着。
雨が降っていたということもあるのか、時間が早いからか、さっと座ることができました。

さっそく、中トロ→ズワイガニ→焼きアナゴ→いくら→ホタテ→アサリ汁→ゴボウ巻き
と、食べました。
そして、誕生日プレゼントの、フリードリンクは、夫にあげて
私は、デザートの「マロン白玉」を注文しました。
マロン入りのアイスと、白玉と、あんこが、絶妙でしたよ♪

とっとと食べて、家に着いたのは6:30より前でした。

ああー、おいしかったなあ。(^_^)
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-14 21:19 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

正直な子ども

うちの教室に来ている小学5年生のワンパク坊主、T君。

英語のレッスン中に、(彼は、私のすぐそばに座っている)
「あー、すげえぜい肉だ!触っていい?」と言いました。
私が「いいよ。」と言ってないのに、私の二の腕に、ぷにゅぷにゅと触り
「すげー、太ぇ~~!ぜい肉だらけだ~!!」とのたまった。

あのねえー。なんでも正直に言えばいいってもんでもないのよ!
全く!彼は、そういう観察力を、他のことに生かせば、もっと伸びるのにな。

私は、一瞬「そんなところより、おなかのほうが、もっとすごいよ!」と言ってやろうかと思いましたが
あまりの衝撃を与えてもいけないと思いなおし、やめました。(;^_^A
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-12 22:43 | Comments(3)

機嫌のいい子ども

去年から、生協のメンバーに若いお母さんが二人加わりました。
一方のお母さんの子どもは、男の子と、女の子の双子ちゃん。
まだ、小さくて、あんまりお話できません。

もうひとりのお母さんには、2~3歳くらいの男の子と、去年生まれたばかりの女の赤ちゃん。
その男の子が、とてもかわいらしいのです。
特に、ちょうど色々な言葉を覚えだして、私たちおばさん連中にも、ニコニコと笑顔を見せ
「もう、いいかい。」とか色々しゃべるので、なんか楽しくなってくるんです。

生協に来はじめたころは、すぐに道路の方に出て行ってしまったり、トラックの近くにいって
頭をぶつけたりして、はらはらしましたが、最近は、危ないってこともわかったみたいで
前からいるおばさんたちも(私も含めです)ゆとりをもって接することができるようになってきたという事も、あるかもしれません。

ひとりの人は、完全に「おばあちゃん」の気持ちになっていて、男の子を抱っこしたり
一緒に荷物運んだりして、楽しんでいます。

そのうちに、双子ちゃんたちも、おしゃべりするようになるでしょう。
もっとにぎやかになるよね。楽しみです。
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-11 23:30 | 趣味・日常の話 | Comments(0)

西遊記

今朝のめざましテレビで、月曜日から始まった「西遊記」がフジテレビ歴代のドラマ初回視聴率4位にくいこんだという話題をやっていました。

で、1位、2位、3位とも、「木村拓哉」主演。そして、西遊記も、いきなり木村くんの場面から始まって、最初の数分、まるでスマスマのコントみたいでした。(;^_^A
西遊記の出演者、あんなに頑張っているのに、高視聴率の陰に木村くんあり、みたいないい方されたら、たまらんでしょうね。

さて、西遊記だけど、私が一番感じたのは、ロケと、セットの場面の違和感。
ロケの様子は、月曜午後からの番組で、特集していましたけど、断崖絶壁でハーネスつけて撮影している様子などがあって、本当に大変だったんだな、と思うし、映像もかっこいいですよね。
しかし、セットになると、なんだか、いきなり「コント」みたいに見えてしまうんですよね。
慎吾くんのオーバーアクションも、関係しているかも知れないけどね。
昨日、中3生のKくんが「先生、西遊記みた?」と聞くので、「ウン見た見た。」というと
「変だったよね~。香取慎吾張り切りすぎだし~~。」と言っていました。

私は、「そうだねえ、確かにね、でもね、だいたい、孫悟空ってキャラが、暴れん坊なんだから、あれでもいいんじゃない?」と答えましたけどね。

元々が“あり得ない”設定のお話なのだから、違和感も楽しみのひとつにして、これからも見ていこうと思っています。
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-11 10:17 | Comments(3)

今年最初のボランティア

午後から、「蒲郡眺海園」におじゃましてきました。

プログラムについては、また、明日以降、「歌声ボランティアハーモニー」のブログに書き込みます。

蒲郡眺海園の火曜日のデイサービス利用者さんは、割合と人数が少ないです。
ハーモニーのメンバーの数の方が多いくらいです。
少人数なので、おひとりおひとりのお顔もよくわかるし、そばにいって、親しく触れ合うこともできます。

とても暖かい部屋の中で、ほっとしたひと時を過ごさせていただきました。
利用者のみなさんも、楽しんでいただけたと、勝手に思っています。

ボランティアで、体を動かし、声もだしたおかげで
今日からの仕事開始が、スムーズにできたように思います。
[PR]

# by anzu-tushin | 2006-01-10 23:19 | ボランティアの話 | Comments(0)