特小ビーズで縁飾りをしたパールのネックレス

8月後半から、結局ずっとあんまり調子よくなくて・・・。

ええ、もちろん歌声ボランティアも、点訳ボランティアも、やっていますよ。
でも、3B体操には行けてない。やっぱりまだちょっと左足、腰が気になるから。

ブログに書くこともあんまり無いなーと思って、ちょっと前にYouTubeを見て作ったネックレスをアップします。

f0032434_21384570.jpg
拡大すると・・・
f0032434_21391770.jpg
特小ビーズって、本当に小さいのよ。目がしょぼしょぼするわよ。
縁飾りは、2重になっています。こちら。↓こーんな感じ。焦げ金と、シルバーのリバーシブル風です。
f0032434_21404468.jpg
YouTubeで見たものは、スワロフスキーのパールと、水色の玉を使っていて、全部ぐるりとパールをつなげています。
しかーし!私、欲しい長さの途中で、あまりの細かい作業に疲れてしまって、「あー!面倒くさい!」となり
半分はただ丸小ビーズをつなげるだけにしてしまいました。(根性無し)

まあ、襟のあるブラウスなどに合わせれば、後ろの方がパールじゃなくても気にならないでしょうよ。(;'∀')


[PR]

# by anzu-tushin | 2018-09-15 21:46 | アクセサリー作り | Comments(0)

肺MAC症って??

8月後半は、ここんとこで最悪の日々でした。

お盆も終わってやれやれと思って、レジン作品作りをしていて、1時間くらいしたら
ちょっと左の腰のあたりに痛みを感じました。
同じ姿勢を続けていたからだと思い、立ち上がろうとしたら
左足に激痛が走り、立てなくなってしまいました。

長年関節リウマチに悩まされているけど、それとはまったく違う痛さ。

それ以来痛くて歩けない状態が続きました。

20日に2,3年前にできた新しい K整形外科 に行くことにしました。
幸い右足は使えるのでオートマの自動車は運転できる。
(車まで歩いて行くのが相当大変だけど)

診察してもらった時に関節リウマチの話ももちろんして
ついでに「関節リウマチも、こちらで診ていただきたい。」とお願いしました。

今までのA医院の先生も親切だし、症状は落ち着いているのでいいんだけど
いつも「はい、いつもと同じ薬だしときます。」と、症状が良くなっているのに薬を減らしてくださないことや
全体的に「適当」な感じ、看護師さんたちの患者を早く診察室から送り出そうという見え見えの態度などが
だんだんと不信感につながってきていたのです。

そして・・・・。

足の方はリハビリもやってもらって、まだちょっと痛みがあって不安だけど、歩けるようにはなりました。

ところが、リウマチ治療に関して検査を行ったところ・・・。
(K整形では、免疫を下げる、抗リウマチ薬を使う場合体の中に肝炎などの菌がないかどうか、しっかり調べるとのこと)
MAC抗体が見つかったのです。
で、安心してリウマチの治療ができるように、念のために一度、市民病院の呼吸器内科で検査を受けてくるようにと言われました。

MAC?なにそれーーー!!って感じですよね。

MAC(非結核性抗酸菌)。結核ではないから人から人には感染しないそう。
強い菌ではないので、感染しても症状がでるのには時間がかかるとか。

検索したら、出てきました。(下の画像クリックでサイトにとべます)
NHKのこのサイトが一番わかりやすいかな。

この記事の中で出てきていること、ほとんどやっていた。
換気をせずに、シャワーで風呂を流して洗っているし、ぬめりなどを、こまめに掃除する方じゃなかった。
いつもクリクリクリっと適当に掃除してた。

とにかくシャワーをよく使う。きっとそれで感染したんだ!!

一時期、すごく咳がでて、A医院で薬をもらっても一向によくならないことがあった。
これじゃない?気が付かなかったけど。

とにかく、呼吸器内科に行くのはこれからだけど、風呂掃除は気を付けてやろうと思う。
換気とマスクね。シャワーヘッドをしっかり洗うとか。



[PR]

# by anzu-tushin | 2018-09-02 09:04 | 関節リウマチ | Comments(2)

UVレジンで、くじら・ステンドグラス

セリアで購入した空枠を使ってUVレジン作品を作りました。

まずは、くじらさんーーー。
f0032434_15352336.jpg
着色は、パジコの偏光パールのシリーズを使いました。写真だとわからないけど、微妙にパール感があります。
ヤシの木とパイナップルのチャームを入れました。

次は、ステンドグラス風の四角い空枠です。中央にあじさいのドライフラワーと、蝶のシールを入れてみました。
f0032434_15375024.jpg
ちょっとレトロなステンドグラスをイメージしました。

お次は、丸い形のステンドグラス。なんとなく和風にしたかったので、紅葉のシールを入れてみました。
色も、和風な感じが出るように工夫してみたけどねえ。
f0032434_15393539.jpg
まあまあ、狙い通りに作れたかなと思っています。
あ、ちょっと空気が入っちゃってますね。写真で拡大すると粗が目立つのよね。(;'∀')

[PR]

# by anzu-tushin | 2018-08-17 15:42 | アクセサリー作り | Comments(0)

ビーズアートステッチ復習 ターンステッチサーキュラーのペンダント〜マーガレット〜

ターンステッチサーキュラーのペンダント〜マーガレット〜
f0032434_09133858.jpg
ビーズの教室で、先生が身に着けていらして、とても素敵だったので
私もキットを購入して作りました。

技術的には今までやったことの応用なので、そんなに難しくはないのですが
タガービーズの罠にはまりまして、何度かやり直ししました。

緑色の、とがった、タガービーズには2つ穴が開いています。
その穴がちゃんと開いてないのがあったの。
(そのことは、先生に聞いて、わかっていたのに、油断していました)
しかも、だいぶ編み進めて、いざ、下の方の穴に糸を通して編んでいく段になって「あれ?通らない!!」
ガラスのビーズなので、へたに穴を広げようと思うと割れてしまうかもしれません。
結局泣く泣くいったんバラバラにして、やり直しました。余分のビーズがひとつあったので助かりました。

そして、このタガービーズはとがっているので、糸が引っかかりまくるんです。
気を付けていたのに、だいぶ進んでから糸がひっかかっているのに気が付いてほどく、ということが数回。(;'∀')
そんなこんなで「ひー!」と言いながら、ようやくできました。

ペンダント部分のアップです。
f0032434_09283268.jpg
首にかけるとこんな感じ
f0032434_09292499.jpg
先生は、黒のトップスに、緑色ベースのスカートをはいて、このペンダントを合わせていらしてとても素敵だったの。
コーディネイトも重要ですよね。

[PR]

# by anzu-tushin | 2018-08-06 09:32 | アクセサリー作り | Comments(0)

寮歌

私はかつて、名古屋市立保育短期大学に通っていました。
その短大は名古屋市立なのですが、尾張旭市にありました。
自宅から通おうとおもえば、通えないことはなかったですが
時間的にも体力的にもギリギリだなという判断で、学校の敷地内にあった寮に入っていました。

卒業後も、寮の仲間とは年1回泊りがけで『味再会』を開催して交流しています。

去年からはスマホ持っている人でライングループを作ってもいます。

さて、7月31日に、ライングループではないメンバーの一人から私宛にメールが届きました。
”寮歌の楽譜を一学年下の子たちが探している、知らないですか?”というような内容でした。
私自身は寮歌というものがあったことさえ忘れていたのですが、ラインメンバーに尋ねてみました。

誰も知らないみたいだなーっとあきらめて、「聞いてみたけど、誰も持ってなかった、残念でした。」と返信しました。

ところが、昨日、8月4日。
「見つけました。」と、楽譜の写真をアップしてくれた人がいました。
f0032434_08243321.jpg
なななんと!!当時のガリ版刷りの(たぶん、ボールペン原紙)わら半紙の楽譜が!!!
一部破れていて、台紙に貼って書き足してある!!!42,3年保存してあったのーーーー?
すごい!すごすぎる!
全く記憶になかった私も、楽譜みたら歌えたし、蘇ってきた。

これ、私たちのひとつ上の先輩が作ったのだそうです。
ということは、昔からあったものじゃなくて、私たちが寮にいた時にできた歌ってことね。
(そこの記憶が全くない私・・・)

ラインメンバーの間でも、大盛り上がり。
次回の味再会ではみんなで合唱しようという話になりました。
一学年下の子たちが探してくれて良かったわー。

よくよく読み返してみると、とても良い歌詞。

作詞:高瀬一美  作曲:高畑美幸

 故郷遠く 離れきて
 あかねに我ら 集う時
 喜び悲しみ共にして
 互いに歩まん この道を

 闇にさしこむ ひとすじの
 光のごとき 友情に
 喜び悲しみ共にして
 互いに進まん 一歩ずつ

 心と心 結び合い
 励まし 歌い 語る時
 喜び悲しみ共にして
 今こそはばたけ あかねより

なんか・・・、泣けてきます。

[PR]

# by anzu-tushin | 2018-08-05 08:38 | 日常の話 | Comments(2)

はじめてのソウタシエ

ソウタシエとは・・・

ヨーロッパの伝統的なコード刺繍、
ソウタシエとはフランス語で「へり飾り用の細い平ひもの組紐飾り」を指します。 日本ではソウタシエSoutacheと言います。 もともとはヨーロッパ上流階級の貴族の正装のブラウスやジャケットなどの袖口や襟元の装飾として特殊な紐(ブレード)で模様を縫い付けたのが始まりといわれています。

一度簡単なのをお試しで作ってみて、私にもできそうなら、テキストを購入して一通りやってみようかと思いましてね。
それで、作ってみました。縦6センチ、横幅3.5センチくらいです。
f0032434_21053710.jpg
ちょっとね。裏打ちのフェイクレザーがちょこっとはみ出てる・・・。大きく切りすぎた。(;'∀')
でもまあ、初めてにしては、結構いけてる???ポジティブ。

これね。どうなってるのかと思いますよね。
私も、全く知識がなくて、実際に先生に教えていただいて作ってみるまで、まったく想像がつきませんでした。
だって、大きいビーズやパールにどうやってコードを巻いているのかさあ。

材料はこちら。これは黄色い方の材料です。
ビーズとパール・コード・糸・ブローチピン・裏打ち用のフェイクレザーです。
f0032434_21092402.jpg
作るのに必死で、途中経過を写メしなかったので、この材料がどうやって作品になったか、結局よくわからないよね?
ピンクの方の、裏はこうなっています。
f0032434_21162747.jpg
あらー、縫い目が雑なのがまるわかりですね。(;'∀')ブローチピンも斜めになってるし!

針仕事はあまり得意ではないけど、そういえば、高校生の頃は縫いぐるみをよく作っていたし、保育園に努めていたころは人形とかワッペンとかは手縫いで作っていたな・・・。
もしかしたら、いけるかも・・・と思いました。

次回から違う作品も作って行きます。楽しみです。



[PR]

# by anzu-tushin | 2018-07-28 21:20 | アクセサリー作り | Comments(0)

焼肉店での出来事

久しぶりに、夫と某焼き肉店、◯◯きんに行きました。
f0032434_08293023.png
さあ、久しぶりに焼き肉を食べるよーー!と、張り切って焼きはじめましたが
ちょっとすると、急に火が消えました。(上のイラストのような丸いコンロでは無くて、四角くいタイプ)

「あれ?ねえ、消えちゃった。火加減直した?」と聞いたら、夫は「いや、いじってねえよ。」と。
火をつけなおして、よくよく炎を見ていたら、炎が不安定で、急に網からはみ出るほどに大きくなったり
消えそうに小さくなったりしていました。

店の人に言ったら、「確認します。」と言ったきり、なかなか報告には来てくれない。
それで、また呼び止めて聞いたら
「あ。今日調子悪くて。」と。「え?直らないの?」と聞くと「はい。」と悪びれた様子もない。

それにしても、急にボーッ!!と火が大きくなり肉がすぐにススで真っ黒になってしまいます。
落ち着いて食べていられる状態じゃあないんですよね。

追加のお肉を頼んだ後で、店長さんが通りかかったので、もう一度店長にも訴えましたが
「お昼から急に調子が悪くなっってしまって・・・。」と。
「え?ここだけ?他のテーブルもそうなの?」と聞くと3テーブルほどそうだと。

夫が「これは、ガスっていうより、ファンの具合が悪いだな。」なんて言っていたら
最初の店員さんが来て「あの、あちらのテーブルが空いたので、席をかわれますけど。良かったら。
まだお肉も来ますので」と言いに来てくれたので、そちらに移動しました。

そこも、ちょっとは火がゆらゆらしますが、先ほどほどじゃあなく、ようやく安心して食事できました。

店員も、店長も一切お詫びの言葉はなく、”しょうがないじゃん”とでも言いたそうな感じがねえ・・・。

帰りの車の中で
「ちょっとひどいね。あの席、結局また他の人を案内するでしょうね。すみませんの一言もなかったしね。」
「今までもそんなに頻繁にはいかないけど、これからはもう、あそこ、行くのやめようね。」と言い合いました。


[PR]

# by anzu-tushin | 2018-07-23 08:47 | お出かけの話 | Comments(0)

ビーズアートステッチ レッスン11 複合テクニックのロングネックレス&ブローチ

ビーズアートステッチ レッスン11 複合テクニックのロングネックレス&ブローチ
f0032434_14484597.jpg
ビーズアートステッチの課題も、これで終了です。

難しかったのは、ネックレスの、ネジネジの部分。
f0032434_14505165.jpg
いったん「できた!」と思ったところが、ビーズ6粒でサーキュラーにしていかなくてはいけないところを、なぜか途中から5粒になっていました。
それで、全部最初からやり直し!(ノД`)・゜・。頑張りましたとも!!

ブローチの方はモチーフ作りはそんなに難しいことは無かったですが、やはり自分のうっかりで間違ってやり直しました。
そして、テキストを見ながらモチーフやビーズを組み立てるのがややこしくて、ちょっと大変でした。
たぶん合っていると思うけど・・・。
f0032434_14552309.jpg
面白い形ですよね。ブローチ単体でも使えるので、いいですね。

[PR]

# by anzu-tushin | 2018-07-15 14:56 | アクセサリー作り | Comments(0)

がっかりしたこと

検索、特定されると困るので、具体的な名称などは書きません。

視覚障がいをお持ちの方と、ボランティアしたい人が双方ともがそれぞれに登録して
「見る」お手伝いをするアプリを使っています。

視覚障がいをお持ちの方がアクセスすると、一斉に何人かのボランティアに通知が行きます。
一番早くアプリを開いたボランティアがその人をお手伝いすることになります。

今までに、嫌な思いをしたことは一度もありませんでしたが、今日、とてもがっかりしたことが起こりました。

つながったので、「ご用件をどうぞ。」と言いましたら
「薬を塗るのですが、ちゃんと塗れているかどうかを見てください。」と。

薬が塗れているかどうかわからない場所ってどこだろうと思い
「薬ですか、どこに塗るのですか?」と聞きました。

すると、「下腹部に塗ります。泌尿器科に通っているので。」と言います。

私は「え?ちょっとそれは・・・。あの。そういうところでしたら、男性の方に見てもらった方がいいと思います。
一度切りますね。男性の方につながるといいですね。」と言って、接続を切りました。

おかしいよね。いくら目が不自由だからといって、自分のモノに薬を塗ってちゃんと塗れているかどうかがわからないって。
百歩譲って、ちゃんと塗れているのかどうかが、本当にわからないとしても、スマホで自分のモノを映して人に見せるってこと、ありえなくないですか?

速攻、運営会社に報告しました。
報告してすぐに、メールが来て、相手が特定でき、その人はコミュニティーから撤退したとのお知らせと
不愉快な経験をしたことを申し訳なく思っているというお詫びの言葉が書かれていました。
あまりにもメールが早く来たので、「もしかして、クレームが届いたら自動的に返信がいくようになっていて、本当には調査してないのじゃあ?」とまで疑ってしまいます。

人の善意で成り立っていることなのに、本当にがっかりだし、腹立たしいです。

もしかしたら、視覚障害を装っている人かもしれませんね。それも、またがっかりで腹立たしいわ。

[PR]

# by anzu-tushin | 2018-07-14 23:08 | ボランティアの話 | Comments(0)

白塗り?

今日は、歌声ボランティア「ハーモニー」の活動で、とあるデイケアサービスにおじゃましました。

紙芝居やら、歌やらメロディーベルやら、いつものようにプログラムをこなし、
いつものように最後に「夕焼け小焼け」を歌いながら、利用者のみなさんと握手をして回っていた時の事。

一人の利用者さん(女性)が私に、ちょっと小ばかにした感じの物言いで
「あんた、すごい白塗りで化粧してやっとるね。」と言いました。

私はびっくりして「ええ?いや、そんなに塗ってないですよー」と言いましたが、ちょっとなんだか嫌な気分になりました。

後でメンバーにそのことを話したら「元々色白だっていえばいい。」と言われたのね。

でもね、家に帰ってからも、ちょっと引っかかっていて
「もしかして、自分では気づかないうちに、ファンデーションを塗りすぎてる?あるいは、色があってないとか?」
なんて、考えてしまいました。

たった一人に言われたことが、こんなにチクッと刺さるなんて、そのことにも自分でびっくりです。


[PR]

# by anzu-tushin | 2018-07-10 21:47 | ボランティアの話 | Comments(0)