寮歌

私はかつて、名古屋市立保育短期大学に通っていました。
その短大は名古屋市立なのですが、尾張旭市にありました。
自宅から通おうとおもえば、通えないことはなかったですが
時間的にも体力的にもギリギリだなという判断で、学校の敷地内にあった寮に入っていました。

卒業後も、寮の仲間とは年1回泊りがけで『味再会』を開催して交流しています。

去年からはスマホ持っている人でライングループを作ってもいます。

さて、7月31日に、ライングループではないメンバーの一人から私宛にメールが届きました。
”寮歌の楽譜を一学年下の子たちが探している、知らないですか?”というような内容でした。
私自身は寮歌というものがあったことさえ忘れていたのですが、ラインメンバーに尋ねてみました。

誰も知らないみたいだなーっとあきらめて、「聞いてみたけど、誰も持ってなかった、残念でした。」と返信しました。

ところが、昨日、8月4日。
「見つけました。」と、楽譜の写真をアップしてくれた人がいました。
f0032434_08243321.jpg
なななんと!!当時のガリ版刷りの(たぶん、ボールペン原紙)わら半紙の楽譜が!!!
一部破れていて、台紙に貼って書き足してある!!!42,3年保存してあったのーーーー?
すごい!すごすぎる!
全く記憶になかった私も、楽譜みたら歌えたし、蘇ってきた。

これ、私たちのひとつ上の先輩が作ったのだそうです。
ということは、昔からあったものじゃなくて、私たちが寮にいた時にできた歌ってことね。
(そこの記憶が全くない私・・・)

ラインメンバーの間でも、大盛り上がり。
次回の味再会ではみんなで合唱しようという話になりました。
一学年下の子たちが探してくれて良かったわー。

よくよく読み返してみると、とても良い歌詞。

作詞:高瀬一美  作曲:高畑美幸

 故郷遠く 離れきて
 あかねに我ら 集う時
 喜び悲しみ共にして
 互いに歩まん この道を

 闇にさしこむ ひとすじの
 光のごとき 友情に
 喜び悲しみ共にして
 互いに進まん 一歩ずつ

 心と心 結び合い
 励まし 歌い 語る時
 喜び悲しみ共にして
 今こそはばたけ あかねより

なんか・・・、泣けてきます。

[PR]

by anzu-tushin | 2018-08-05 08:38 | 日常の話 | Comments(2)

Commented by Lynn6 at 2018-08-05 10:55
すごいねえ、すごすぎます!
いやあ、それを持っていた人、すごいです。
寮歌は、、私にはわかりませんが、あかね寮 っていうんですか。
o(^-^)o うん、あるある…。
Commented by anzu-tushin at 2018-08-05 19:20
りんちゃん。そうなんです、「あかね寮」です。
短大の校歌の最初が ♪あかねさす ひんがしのおか〜
というのです。そこから「あかね寮」と名付けられたかどうかは定かではないですが
何らかの関係はあるんじゃないかなって思っています。
40年以上この楽譜を持っていて、今回探し出してくれた人に感謝ですよー。